スパイダーマンもコロナ感染拡大を防ぐために在宅勤務

世界中でコロナウイルスが猛威を振るう中、ニューヨークのスーパーヒーロー、スパイダーマンも感染拡大を防ぐため自宅勤務に切り替えているようだ。

スパイダーマンシリーズの2作品『スパイダーマン:ホームカミング』と『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』の監督を務めたジョン・ワッツは、Instagramに自身が手がけた映画のパロディネタを投稿して話題を呼んでいる。

写真に映るのは、パソコンに向かうスパイダーマン。『スパイダーマン:ホームカミング』でトニー・スタークにもらったスーツではなく、それ以前から使っていたゴーグル付きの方を着ている。手前に科学の教科書らしき本があるので、学校の宿題を片付けている最中なのかもしれない。左下にある映画のロゴは、「ファー・フロム・ホーム」をもじって「ワーク・フロム・ホーム(自宅勤務)」になっている。

ジョン・ワッツ監督は投稿に「みんな無事で!」とメッセージを添え、自粛モードが長く続くフォロワーにエールを送った。

文・大熊希美

TAGS