豪華スーパースターたちが集結 『スペース・プレイヤーズ』ワールド・プレミア

NBA史上最強のプレイヤーと呼び声の高いバスケットボール選手 レブロン・ジェームズ主演で贈る、誰も観たことのない壮大な無限バーチャル・ワールドでの究極のeスポーツバトルを描いた映画『スペース・プレイヤーズ』(8月27日より日本公開)。7月16日に迫ったUS公開に先駆け、現地時間の7月12日に豪華キャスト陣が集結したワールド・プレミアが開催された。

米ロサンゼルスの「Regal L.A. LIVE」で実施されたプレミアには、パープルカーペットが敷かれ、ユニフォームを着た「ルーニー・テューンズ」のバッグス・バニーとローラ・バニーがお出迎え。マーチング部隊を引き連れ、祝福ムードでイベントが開催された。会場は作品のイメージカラーでもあるパープルとオレンジを基調としており、本作には欠かせないバスケットコートが用意されていたり、壁にはバスケットボールのオブジェが埋め込まれていたりと『スペース・プレイヤーズ』の世界観が再現された。

豪華キャスト登壇の期待が高まる中、18年間にわたってバスケ界の第一線で活躍し続けているレブロン・ジェームズは、ロサンゼルス・レイカーズのユニフォームの時とは全く違ったイメージの紺色のスーツをおしゃれに着こなし、妻のサバンナ・ブリンソンと娘のジュリと共に登場。SNSのフォロワー数が9千万人以上という凄まじい人気を誇る彼は、バスケ界で“キング”という愛称を持ち、2mを超える高身長の彼は登壇したキャスト陣の誰よりも目立ち、主役の華々しい登場に会場は大盛り上がり。本作が初主演作となったレブロンは、「僕自身ルーニー・テューンズを見て育っているんだけど、同時に小さいころからマイケル・ジョーダンの大ファンだった。彼の意志を継いでこの役ができたのはとても光栄なことだよ。素晴らしい映画で、愛する人と一緒に見て楽しむものになった。この映画を見てくれる人たちがたくさん笑い、楽しみ、キャラクター達を楽しんでくれたらうれしいな」と期待を語った。

サーバーを支配するアル・G・リズムを演じたドン・チードルとは、久々の再会を果たし喜びの握手を交わす姿が見受けられた。そんなドン・チードルは、先日に28年間交際を続けてきた女優ブリジッド・コールターと結婚していたことが明らかとなったばかりだが、報道直後となる本プレミアで幸せな姿を見せた。また、SNSのフォロワー数が驚異の1億人となる、ローラ・バニーの声優として参加したゼンデイヤは、キャラクターを意識したポニーテール姿でスタイルの良さが際立つカラフルな衣装を身に纏い、マスコミの注目の的に。母親に作ってもらったというバスケットボールが描かれた青いマスクを着け、ファンへのサインに応える姿を見せた。ゼンデイヤは、「私の母はバスケットボール選手で、父もバスケットボールのコーチだったの。バスケ家族の中で育ったから、私も本作で描かれているレブロンの息子の悩みに共感したわ」と作品に共感したことを明かす。

その他にも会場には、マルコム・D・リー監督とソネクア・マーティン=グリーン、セドリック・ジョーら出演キャストも勢揃いしており、本作の音楽に携わったジョン・レジェンドやジー・イージー、本作に出演した現役バスケット選手のクレイ・トンプソンやアンソニー・デイビス、マイアミ・ヒートでレブロンと共に戦っていた元バスケット選手のクリス・ボッシュらも応援に駆け付け、大盛況のイベントとなった。

TAGS