地獄の「だるまさんが転んだ」 ソウルジャ・ボーイ、イカゲームに捧ぐラップ

勝てば天国、負ければ即死……。2021年9月半ばに配信開始されるや世界90カ国で1位を記録。10月に入ると『ブリジャートン家』を抜き、Netflix史上最高記録となる1億1,100万人の視聴者数を記録したことが発表された韓国発の過激サバイバルドラマ『イカゲーム』。そんな『イカゲーム』にオマージュを捧げたかのような一曲を、ラッパーのソウルジャ・ボーイが発表した。

Soulja Boy/YouTube

ずばり『Squid Game(イカゲーム)』というタイトルのこの新曲は、映画『パラサイト 半地下の家族』の音楽でも知られる気鋭の音楽家チョン・ジェイルによる同ドラマのタイトルスコアのサンプルをメインに、ソウルジャのラップが乗せられていく。ドラマ内に出てきて今では『イカゲーム』の代名詞ともなっている生死を賭けた「レッドライト、グリーンライト」(日本でいう「だるまさんが転んだ」に似た遊び)を引用したラップもあるなど『イカゲーム』への熱い思いが感じられる一曲だ。

なお、『イカゲーム』は米人気番組『サタデー・ナイト・ライブ』でも、ラミ・マレック(『ボヘミアン・ラプソディ』『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』)をゲストに迎えたパロディスケッチが放送されたばかりで、改めて世界規模での人気の高さがうかがわれる。

現在世界中で大ヒットを記録しているドラマ『イカゲーム』は、Netflixで独占配信中。

TAGS