やっぱり囚人役!ダニー・トレホも登場 3年ぶり復活シッチェス映画祭

今年で7回目を迎える『シッチェス映画祭 ファンタスティック・セレクション2020』の開催が決定。観客を恐怖のどん底へ叩き落す強力なラインナップをひっさげ、日本に登場する。

1968年に創設された<シッチェス映画祭>は、スペイン・バルセロナ近郊の海辺のリゾート地シッチェスで毎年10月に開催されている映画祭。SF、ホラー、サスペンスなどのジャンル映画を特化して扱う「世界三大ファンタスティック映画祭」の1つ。
『シッチェス映画祭 ファンタスティック・セレクション』は、シッチェス映画祭で上映された作品の中から厳選した作品を日本で上映する、シッチェス映画祭公認の映画祭。これまで2012年、13年、14年、15年まで開催され、2018年、日本のホラーファンから復活を求める声が多数集まり、3年振りに完全復活。昨年に続き今年も開催が決定した。

故シド・ヘイグ、ダニー・トレホ…名悪役たちが血塗れの旅に登場

今年の『シッチェス映画祭2020』の上映6作のなかでも、目玉作品となる『スリー・フロム・ヘル』。本作は、映画監督としての顔ももつ世界的ヘヴィメタルバンド「ホワイト・ゾンビ」のボーカル、ロブ・ゾンビが手掛けた『マーダー・ライド・ショー』(2003)、『デビルズ・リジェクト マーダー・ライド・ショー2』(2005)に続くシリーズ第三弾。

本シリーズといえば、ギョロッとした大きな目に不気味なくらい逞しいヒゲ、一度見たら忘れられない強烈な見た目を誇るキャプテン・スポールディングだ。本作のファンは彼を観に来ていると言っても過言ではないのではないだろうか。そんなキャプテンを演じるシド・ヘイグが本作でも登場する。

残念ながら、本作がアメリカで公開されたばかりの昨年9月に、80歳で亡くなった。在りし日のシドが、最新作でどんな活躍を見せるのか、是非スクリーンでチェックしてほしい。

さらに、シリーズ2作目『デビルズ・リジェクト マーダー・ライド・ショー2』にも出演しているダニー・トレホも再び登場。殺戮大好き一家のキャプテン・スポールディング、オーティス、ベイビーと対決するメキシコの囚人役として大活躍する。

© 2020 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

TAGS