日本の新鋭ラッパー14名の“リアル” 写真集『SHOSHINSHOMEI -正真正銘-』

90年代からニューヨークのヒップホップアーティストを中心に、レオナルド・ディカプリオやビヨンセ、オノ・ヨーコなども撮影してきたフォトグラファー Atsuko Tanakaが、日本の新鋭ラッパー14名のリアルを収めた写真集『SHOSHINSHOMEI -正真正銘-』をリリースする。

タイトル『SHOSHINSHOMEI』には、自分自身に、そしてラップを通して発する言葉においてもリアルでいることが大事とされるラッパーたちを表す、“偽りのない本物であること”という意味の『正真正銘』を用いました。

本書では、JP THE WAVY、WILYWNKA、¥ellow Bucks、OZworld、MIYACHI、LEX、Red Eye、Hideyoshi、Leon Fanourakis、ralph、AKKO GORILLA(あっこゴリラ)、week dudus、Charlu、Tsubakiら今後日本のヒップホップシーンを牽引するであろう若手ラッパー14名にフォーカス。音楽活動や制作過程、日常などリアルな姿を捉えた写真が多数収録される。

写真集『SHOSHINSHOMEI -正真正銘-』6月30日(水)より、全国の書店およびamazonなどで発売される。

写真家歴約30年で初のソロ写真集です。私は、10代で本場アメリカのヒップホップに魅了され、90年代中頃からニューヨークのラッパーたちをメインに撮ってきました。今のジャパニーズヒップホップシーンの盛り上がり方が、90年代後半から2000年代にかけてメインストリームにのし上がっていったアメリカのヒップホップシーンと重なるように感じて、「これは写真集として形に残さねば!」という想いが膨れ上がっていきました。そして自ら企画書を作り、コンタクトを取って、皆さんの撮影をさせていただきました。ラッパーたち、そしてシーン自体が今後どのように変化を遂げていくのかわかりませんが、歴史の大事な一コマを捉えた写真集として、末長く愛される本になるといいなと願ってます。
(Atsuko Tanaka)

TAGS