今度のマーベルのスーパーヒーローは、普通に仕事と恋を楽しみたい 『シー・ハルク』

マーベル・スタジオが新たに贈る最新ドラマシリーズ『シー・ハルク:ザ・アトーニー』が、8月17日(水)16時よりDisney+で日米同時配信される。

ディズニープラス/YouTube

正義感に溢れる弁護士ジェニファー・ウォルターズ(シー・ハルク)と、“ヒーロースイッチ完全オフ”なブルース・バナー(ハルク)のユーモア溢れるやり取りを映した最新予告編が、「サンディエゴコミコン2022」で発表され、全世界で解禁となった。

本作の主人公ジェニファー・ウォルターズは、優秀な弁護士としてバリバリ働いていた最中、ある事故をきっかけに、突然“ハルクのパワー”を得てしまい、望まないのに手に入れてしまったアベンジャーズ最強の力のせいで様々な騒動に巻き込まれていくこととなる…。
予告編では、ハルクが“怒りのコントロール法”を教えるため、寝ているジェニファーを無理やり起こしプチ喧嘩するなど、ユーモア溢れる訓練の一端が描かれる。「君はこれから何年もかかる旅に出る」と、“ヒーロー”を教えたいハルクと、嫌々取り組んでいるのに「どの技も完璧でしょ」と見事に習得していくジェニファー。全てを完璧にこなしてしまう彼女に、「法の世界に戻りたいなら、尊重するよ」と、いじけた様子を見せる“日常系ハルク”の可愛らしい一面も。

スーパーパワーを持ったけど、「ただ普通に仕事と恋を楽しみたい」という想いを抱くジェニファーは、シー・ハルクとして弁護士事務所の顔となり、ヒーローやヴィランを弁護する“超人専門弁護士”として働くことに。そんな彼女の前に、いまやアベンジャーズの中心人物になりつつある魔術師・ウォン(『エンドゲーム』『ドクター・ストレンジ』)や、ハルクのかつての宿敵・アボミネーション(『インクレディブル・ハルク』『シャン・チー/テン・リングスの伝説』)など、MCUお馴染みのキャラクター達が続々と登場。「世界は滅亡に追いやられている」と、深刻な顔でアラートを鳴らすウォンに対して、「私は弁護士、アメリカの法律書に従う」と、ジェニファーから一蹴されるユーモラスな場面も描かれる。そして、裁判所を訪れるのは様々な能力をもつ超人たち。その中には、あの“ヒーロー”らしき姿も…。果たして、あのシルエットは誰なのか…?

全く乗り気ではないのに、着々と人気者になっていくシー・ハルクの活躍を目にし、ハルクはまたも「君に嫉妬しているのかも」と、人々から恐れられていたかつての自分と重ね合わせ複雑な表情を見せる。「私はヒーローじゃない」「普通の弁護士になりたい」と葛藤し、仕事、恋愛、友人関係に奮闘するジェニファーの姿はきっと誰もが共感できるはずだ。

『シー・ハルク:ザ・アトーニー』(全9話)は、8月17日(水)16時よりDisney+で日米同時配信開始。

©︎2022 Marvel

TAGS