衝撃の7分間! 恐怖を感じない男、ボクシング界の主役…世界最強“カネロ”アルバレス

この10年でボクシング界のスーパースターへ駆け上がった“カネロ”ことサウル・アルバレス。7分動画で彼のキャリアを伝え切るのは当然無理だが、これまで披露してきた最高のパンチとKOシーンは存分に味わえる。

YouTube

15歳でプロに転向し、これまでに世界4階級制覇を成し遂げているカネロ。リング誌のP4P(パウンド・フォー・パウンド)最新ランキングでは、テレンス・クロフォードを抜いて一躍トップに躍り出た。世界屈指のボクシング王国であるメキシコでファンの心を掴むのは容易ではないが、今ではまるでロックスターのような大人気ぶり。

アイルランド人のような赤毛にそばかすが印象的なメキシカンスラッガー。見た目が他のメキシコ出身ボクサーと明白に異なるのも、カネロ人気の理由の1つかもしれない。気になるニックネームの”カネロ”だが、スペイン語でシナモンという意味。1度ゴングが鳴り響くと、まるでジョージ・フォアマンのような破壊力とアグレッシブなファイトスタイルを魅せてくれるのが彼のボクシングの醍醐味だ。

動画の冒頭に紹介されるアルフレド・アングロ戦では、フェイントを入れながら独特なタイミングで強烈な左アッパーを打ち込む。自分のパンチに相手が致命傷を受けたのに気がつくと、次の一発を打たずにレフェリーが止めるのを待つところもさすがの余裕というか冷静さ。ロッキー・フィールディング戦やリアム・スミス戦では相手を悶絶させる左ボディ。いまなぜボクシングファンが彼の試合を一番見たいと思うのか?この7分動画を見ると改めて思い知らされる。

TAGS