セレーナ・ゴメス、全編iPhone 11 Proで撮影したMV

セレーナ・ゴメスが、自身の名義としては「Back To You」以来、約1年半ぶりとなる新曲『Lose You To Love Me』を10月23日に世界同時リリース、ミュージック・ビデオも同時公開された。

この曲は、長きに渡りコラボしてきたジュリア・マイケルズ、ジャスティン・トランターやマティアス・ラーソンとの共作で、プロダクションには世界中で大ブレイク中のビリー・アイリッシュの実の兄であるフィニアスも参加している。

自分自身を見つけるため/離れなければならなかった/自分自身を愛するために/あなたを嫌いにならなければならなかった

この曲は、そのタイトルが示すとおり切ない別れのバラードになっている。
リリース前からタイトルや歌詞の引用から、かねてから破局・復縁を繰り返しながらも先日ヘイリー・ボールドウィンとの結婚式を挙げたジャスティン・ビーバーへ向けた曲では?との憶測を呼んでいたが、この新曲についてはセレーナ本人は、「前のアルバムをリリースしてから起こった多くの出来事にインスパイアされた曲なの。この音楽を共有することが大切だと思ったの、だって人は人生の傷を通じて本当の自分にたどりつけるという事実に多くの人が共感できると思ったから。みんなに希望を感じて、もっと力強くなって、より良い自分になることができると知ってほしいの」とコメントしている。

Selena Gomez/YouTube

MVは、ヒット曲「Good For You」でもお馴染みのソフィ・ミュラーが監督を務め、iPhone 11 Proにより全編撮影されている。
モノクロの世界観でセレーナ自身が語り掛けるように歌っており、時に切なく、時に彼女の芯の強さも垣間見るような内容になっている。

セレーナは、米バラエティ番組「The Tonight Show with Jimmy Fallon」に出演した際、「ニューアルバムの作業はほとんど終わってる」と話しており、2015年のアルバム「Revival」以来の新作の発表も期待される。

TAGS