マイケル・ジョーダンが止められない理由 “相棒”ピッペンが解説

米国のスポーツ専門チャンネル<ESPN>の番組『The Jump』にスコッティ・ピッペンが出演。シカゴ・ブルズ全盛期にジョーダンとともにプレイしたピッペンならではの視点で、ジョーダンのスゴさを改めて解説した。

ESPN/YouTube

ピッペンが語るジョーダンの最もディフェンス泣かせのプレイは、ずばり“ドリームシェイク”。後方に下がりながらジャンプして相手ディフェンダーをかわすフェイドアウェイをはじめ、ショルダーフェイク、ヘッドフェイク、パスフェイク、ポンプフェイク、スピンムーブ、ドロップステップなど、様々な技術を瞬時に駆使して得点を重ねた。高い身体能力とシュートセンスがなければ不可能なプレイだという。

くわえて、ティム・ダンカンやシャキール・オニールのような大型選手であれば、どんな状況でもダンク一択になってしまうところだが、多彩なプレイでディフェンスをかわし得点まで持ち込むのがジョーダンのすごいところだと語る。

ちなみにジョーダンを除く選手でピッペンがディフェンスに苦労したと話すのが、カリーム・アブドゥル=ジャバー。得意技は“スカイフック”で、218センチの長身から放たれるフックシュートは防御不可能と言われていた。実際ジャバーはNBA通算38,387得点を記録しており、NBA歴代1位に名を刻んでいる。

View this post on Instagram

Good as gold. 🥇 🇺🇸 ✌🏾 🧷 #TBT

A post shared by Scottie Pippen (@scottiepippen) on

TAGS