フェイクニュースはシカトでOK 女王カーディ・Bとの不仲説をスウィーティーが一蹴

新進気鋭の女性ラッパー、Saweetie(スウィーティー)が、噂されていたカーディ・Bとの不仲説を一蹴した。

先日ラジオ番組『The Breakfast Club』に出演したスウィーティーは、次のように語っている。「メディアって、文脈を無視して物事を捉えるのが好きだと思う。メディアが時々、ないものを作りあげるってことに女性アーティストたちが気付き始めてるのっていいことだと思うわ。それが成熟ってことだし、メディアに影響されないことは私や仲間たちの成長を示しているのよ」

実際カーディ・Bとは不仲どころか、新曲でコラボしようという話も進んでいるそうだ。「私たちのチームはもう話を進めているわ。あとは適切なタイミングと曲を待つだけよ」

ちなみに二人の不仲の噂については、カーディ・Bの妹ヘネシー・キャロライナも今年2月に「(二人が不仲という)話を作ろうとするのはやめて」とInstagram Liveで物申している。さらにスウィーティーとカーディ・Bのマネージャーたちが“あるプロジェクトについて話している”と、おそらく今回スウィーティーも言及したコラボについてチラリとフライング発言も見せファンの間で話題を呼んでいた。

スウィーティーは3月初めに、ドージャ・キャットとのコラボ曲「Best Friends」のリミックスで、ラッパーのステフロン・ドンをフィーチャリングしたバージョンを公開したばかり。カーディ・Bとのコラボ曲の最新情報も楽しみに待ちたいところだ。

TAGS