「ブッ飛ばす」「話なげえ」 “喧嘩師”朝倉未来、メイウェザーに宣戦布告

6月14日、米国にてRIZINの記者会見が行われ、朝倉未来と50戦無敗のプロボクシング元世界5階級制覇王者フロイド・メイウェザーが9月に日本で対戦することが発表された。開催日、ルールなどは後日発表される。

YouTube

朝倉は「僕はMMAファイターなんで、今後世界に名前を売るために利用させてもらいます。倒します」とコメント。会見に出席したメイウェザーとガッチリ握手した。メイウェザーは未来について「相手には悪いけれど、対戦相手の一人に過ぎないと思っている。なぜなら俺はフロイド・メイウェザー。それ以上の相手はいないからだ」と余裕の構えを見せた。

さらにはメイウェザーは、対決に際して朝倉未来の映像を見るか?という質問に「観るつもりはない」と即答。「自分がボクシングのキング。すべて記録は自分が塗り替えてきた。ただの対戦相手の映像など見る必要はない。」と一刀両断。
また、「朝倉未来がどう戦いたいか?どのようなものを観せたいか?によって俺の対応も変わってくる。ギャラを払ってくれれば5Rだろうが8Rだろうがやる。彼は8Rもたないと思う」と挑発した。

延々と話し続けたメイウェザーに対し「長すぎて全然分からない」と苦笑いを浮かべた朝倉は、会見中にスマホをいじっていた。

メイウェザーの日本でのエキシビションマッチは、18年大晦日RIZINでの那須川天心戦以来となる。ボクシングルールで行われ、メイウェザーが1R2分19秒でTKO勝ちしている。

©︎RIZIN FF

TAGS