表紙はトランスジェンダーモデル・Dominique Silver 『Richardson』最新号

アメリカ・ニューヨーク発のアート/カルチャー/セックスマガジン「Richardson(リチャードソン)」が、3年ぶりとなる最新号『A10:The Morality Issue』を発表。

Andrew Richardson(アンドリュー・リチャードソン)が1998年に創刊した「Richardson」。2018年ににリリースした20周年記念号では、Kim Kardashian(キム・カーダシアン)を表紙に起用し話題に。

そして今回、記念すべき10号⽬の表紙を飾ったのは、トランスジェンダーモデルのDominique Silver(ドミニク・シルバー)ことNatassia Dreams(ナターシャ・ドリームズ)。 本号では、Glen Luchford(グレン・ルッチフォード)が撮り下ろしたストーリーに加え、デザイナーのShayne Oliver(シェーン・オリバー)によるロングインタビューでは、トランジェンダーのセックスワーカーでいることの苦悩を語っている。

その他、Frances Stark(フランシス・スターク)、Boris Lurie(ボリス・ルーリー)、Penny Slinger(ペニー・スリンガー)ら現代アーティストの作品に加え、Samuel R. Delany(サミュエル・デラニー)、Jamieson Webster(ジェイミソン・ウェブスター)、Rachel Rabbit White(レイチェル・ラビット・ホワイト)、Juliana Huxtable(ジュリアナ・ハクスタブル)らによるエッセイ、Paul McCarthy(ポール・マッカーシー)とDamon McCarthy(デイモン・マッカーシー)による未発表の映画作品「The story Coach Stage Stage Coach」の特集など。

また、本号のリリースに合わせ、シェーン・オリバー率いる「Anonymous club(アノニマス・クラブ)」とのコラボコレクションを展開。本コレクションでは、ドミニク・シルバーの写真を配したTシャツや、クロップドTシャツ、ロングスリーブTシャツ、フーディがラインナップ。

最新号および「Anonymous club」とのコレクションは、Richardson公式オンラインストアやRichardson Tokyo、bonjour recordsにて発売。

TAGS