IS(イスラム国)を殺れ!実録復讐モノ 女性版“イングロリアス・バスターズ”

IS(イスラム国)に恐れられた女性だけの特殊部隊の戦いを、実話を基に描くミリタリーアクション映画『レッド・スネイク』が、4月9日(金)より公開される。

YouTube

ISに村を襲われたザラは父親を殺され、弟と生き別れ、自身は奴隷としてISに売られてしまう。ISのメンバーの元から逃げ出し、女性だけで構成される特殊部隊「蛇の旅団」に救われたザラは厳しい訓練の後にコードネーム「レッド・スネイク」とし、“姉妹たち”と共に前線へと赴く。ISには古い言い伝えがあり、女性に殺されると天国に行けないと信じており、女性だけの部隊は恐れられていたのだった…。
果たしてザラは、無事に弟を救うことができるのか。

主演の女性特殊部隊に加わることになるザラには、両親がクルド人であり、父親はクルド人の大義のために戦った著名なジャーナリストでもあるディラン・グウィンを抜擢。その他のキャストには、イギリス出身のアミラ・カサール、イタリア出身のマヤ・サンサ、歌手としても活躍するアルジェリア系フランス人のカメリア・ジョルダナ、フィリップ・ガレルの娘エステル・ガレルなど各国の名だたる女優陣が名を連ねる。

本作の脚本・監督は、フランス・パリの風刺週刊新聞「シャルリー・エブド」に寄稿していたライターでもあるカロリーヌ・フレスト。2015年1月7日、同紙編集部にイスラム過激派テロリストが襲撃し、風刺漫画家や記者ら合わせて12人を殺害した。フレストは「シャルリー・エブド襲撃事件」で同僚を失った経験から、長編劇映画の初監督作品として女性問題と過激派に関するテーマを選んだ。

©︎Place du Marché Productions ‒ Kador ‒ Davis Films ‒ Delice Movie ‒ Eagle Pictures ‒ France 2 Cinema

TAGS