最も人命と公共財産を無視 ランボー“最後の血戦”は、メキシコ人身売買カルテルを1人で皆殺し

シルベスター・スタローンの世界的代表作である「ランボー」シリーズ最新作にして最終章『ランボー ラスト・ブラッド』の予告編が解禁、公開日が6月26日(金)に決定となった。

今回解禁となった本予告編では、40年間さまざまな死闘を繰り広げてきた元グリーンベレーのジョン・ランボーの映像から始まる。

ギャガ公式チャンネル/YouTube

安息の地として、古くからの友人とその孫娘と“家族”として幸せに暮らすランボーは、“娘”を守ることを生きる糧とし生活を送っている。そんな中、メキシコに実の父親がいると知った“娘”は、祖母の制止を振り切り単身メキシコへ。人身売買の巨大カルテルに囚われてしまう。
「あの子が戻ってこない」とすがる祖母に「探しに行く」と告げるランボー。組織から“娘”を連れ戻すため、1人で闘いに挑むランボーの壮絶な映像が重なる。

「愛する家族を奪われた男の怒りは頂点へ」と響くナレーション、「俺の怒りを、憎しみを、思い知れ!」と爆発する怒りとともに、カルテルとの壮絶な死闘を繰り広げるランボー。安息の地でさえ地獄の戦場と化し、さまざまなトラップを仕掛け、過去シリーズでも見せてきた頭脳戦の数々。そして代名詞でもあるボーガンアクションとともに、どんな“最後の血戦”(ラスト・ブラッド)を見せてくれるのか?シリーズ史上最大の戦いを期待させる映像となっている。

ポスタービジュアルは、怒りとも悲しみともとれる強いまなざしのランボーのアップと、鋭く光るサバイバルナイフで構成されたビジュアルが選択された。<家族>への愛を貫くための最後の戦いとランボーの強い意志が全面に出されている。

©︎2019 RAMBO V PRODUCTIONS, INC.

TAGS