地元への恩を返す ミーゴスのQuavo、シングルマザーを支援

Migos(ミーゴス)のQuavo(クエイヴォ)が、地元アトランタで毎年開催している草スポーツ・イベント<Huncho Day>で発生した収益を地元のシングル・マザーたちへの支援にあてることを発表した。

クエイヴォは自主イベント<Huncho Day>で、草フットボールや、イースター関連の出し物で子供たちを楽しませるなどして、地元をささやかに盛り上げている。リーダーの意味を持つ“Huncho”を冠した同イベントは、2018年の初開催以来、地元の親子連れだけでなく、21 Savage(21 サヴェージ)ら盟友ラッパーたちも飛び入りするなど、平和に盛り上がっている。もちろん2022年も先日4月30日に無事開催するにとどまらず、今回は支援を発表したことで、地元がますます沸いたのだった。

本人のSNSによると、「受け取るだけじゃなくて、恩は贈り返すともっと嬉しい! アトランタ中のシングルマザーを支援するため、HUNCHO DAY X LEGENDSは15万ドル(約1960万円)を#tenderfoundationに寄付します!やってやったぜキッズのみんな!(Giving Back Feels Better Than Receiving! 150k To The #tenderfoundation To Help All Single Moms Across Atlanta Ga HUNCHO DAY X LEGENDS We Did It Kids!)」とコメントしている。

そんな地元思いなクエイヴォは、このチャリティのため地元の支援団体と協力したほか、今年は新進スポーツアパレルブランド「Legends」もスポンサーとして招いている。

「クエイヴォ氏は、出資者として賛同してくれたときから、私共とコミュニティのための特別なコレクションを創り出すことを考えていました。地元、北アトランタへの恩返しを続ける彼のビジョンを具現化するため、手を取り合えることを光栄に思っています」とLegendsの代表は語る。

本人が着用しているLegendsのジャージ及び一連のウェアは“Nawf Legends”というコレクション名で、ライブ動画イベント運営会社のNtwrkが独占販売する。ちなみに“Nawf”とは、ミーゴスが地元北アトランタを呼ぶ際に使う、北(North)をなまらせたスラング。

クエイヴォはアメフト選手だった高校時代に司令塔役のQBとして活躍し、1試合中の成功パス数の記録保持者としての顔を持つ。加えてバスケも相当な腕前で、有名人オールスター試合でMVPを獲得したことがあるほどの、スポーツ大好きラッパーなのだ。決して裕福ではないアトランタでは、ヒップホップとスポーツこそが這い上がるための重要な手段。そんな過酷ながらも、自分を育ててくれた地元コミュニティへの恩を忘れることのないクエイヴォなのである。

地元も企業も盛り上げる、どこまでも地元ラブなクエイヴォの計らいで、母の日直前、アトランタの土曜日は、朗らかな1日となったようだ。

TAGS