“伝説のドリブル”はこの男から始まった PUMA『レガシー・シャムゴッド』

PUMA(プーマ)のバスケットボールラインから、God Shammgod(ゴッド・シャムゴッド)の功績を称えるスニーカー、その名も「Legacy Shammgod(レガシー・シャムゴッド)」がリリースされた。

シャムゴッドは1997年のドラフトでワシントン・ウィザーズに入団。現在はダラス・マーベリックスで選手育成コーチを務めるNBAのレジェンドだが、クロスオーバードリブルの一種としてその名を認識している人も多いのではないだろうか。カイリー・アービングやラッセル・ウェストブルックなど、ドリブルの名手と呼ばれる選手がたびたび試合で披露する、高度でトリッキーなドリブル“シャムゴッド・ドリブル”の生みの親が彼なのである。

新作スニーカーでは、シャムゴッドの出身高校のチームカラーであるレッドをロゴに配色。イニシャル、NBA入団年(1997年)などをデザインに組み込み、さらに中敷きには“シャムゴッド・ドリブル”のひとつひとつのムーブがイラストで描かれている。またNY・マンハッタン育ちであることから、マンハッタンのイメージである“コンクリート・ジャングル”を模したコンクリート柄のソールを採用。履くたびにシャムゴッドのレガシーが感じられる作りになっている。機能面はクッション性と反発性に優れていて、急な方向転換やスピードチェンジに対応可能。“シャムゴッド・ドリブル”にも適したスニーカーなのだ。

YouTube

記念すべきスニーカーを手にしたシャムゴッドは、「自分の名前のついたスニーカーなんて夢みたいだ。すべてのパーツに大事な意味があるんだ。オレのストーリーを世界中に共有できて感謝している。最初から最後まで、スニーカー作りに力を貸してくれたプーマの愛とサポートに感激している」と興奮気味に語っている。

なお、スニーカーのリリースと同時に、プーマとシャムゴッドは虐待にさらされている子どもたちを支援しているNY市のNGO団体にマスクの寄付を行ったそうだ。

TAGS