PUMA、“サステイナブル”テクノロジーを活用した最新コレクション

PUMA(プーマ)が、ロンドンの名門芸術大学「セントラル・セント・マーチンズ」のファッション学部と共同し、サステイナブル(持続可能)テクノロジーを活用したコレクション「PUMA × CSM」を発表した。

本コレクションでは、商品の製造過程で使用される化学物質や水の量を削減する最先端の染色技術“Dope Dye”や、デジタルプリントでデザインしたアパレル、シューズ、小物類が揃う。

なお、今回のキャンペーンビジュアルは、オランダのデジタルファッションハウス「The Fabricant」のデジタルテクノロジーを使用して制作したデジタルサンプルで世界観が表現されている。

「PUMA × CSM」コレクションは、PUMA公式オンラインサイトで販売中。

TAGS