死ぬかも知れないヤバい薬で5分間だけブッ飛ぶ 警官・元傭兵・売人が大暴れ 『プロジェクト・パワー』

ジェイミー・フォックス × ジョセフ・ゴードン=レヴィットによる超過激スペクタクル・アクション大作『プロジェクト・パワー』が、8月14日(金)よりNetflixにて全世界独占配信される。この度、驚愕スーパーパワーとド迫力アクションが次々に映し出される怒涛の予告編が解禁となった。

Netflix Japan/YouTube

たった5分間だけ、超人的なスーパーパワーを得られる謎の薬。問題は、飲むまでどんな“パワー“を得られるか分からず、場合によっては副作用で死んでしまうこともあるということ。謎の組織によって製造されたその薬は、瞬く間にアメリカ・ニューオリンズの街中で次第に拡まってしまい、“パワー”を使った凶悪な犯罪も起き始めることに…。
そんな中、不良だが街を愛する地元警官(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)、過去に娘を奪われたことで復讐を誓う元傭兵(ジェイミー・フォックス)、売人の少女(ドミニク・フィッシュバック)ら3人の荒くれ者たちが思いがけず協力し、街を危機から救い平和を取り戻すために立ち上がる。

予告編では、薬を飲んだ者たちが、ヤバすぎるスーパーパワーを発揮するド迫力アクションシーンが矢継ぎ早に映し出される。超スピードの移動能力や身体を透明化できる能力、全身が炎に包まれる能力、銃弾すら跳ね返す皮膚になる能力…など、次々に登場する驚愕の能力者たち。その裏に潜む謎の組織が企む、〈人間の進化〉という謎に満ちた計画の全貌とは?それぞれの思惑を胸に組織へと戦いを挑んでいく3人の行く末は?

主演は、『アメイジング・スパイダーマン2』でスパイダーマンの敵エレクトロを熱演し、クエンティン・タランティーノ監督の主演作『ジャンゴ繋がれざる者』や『ベイビー・ドライバー』などにも出演するなど、数々の大作やアクション作品に出演する一方、レイ・チャールズの伝記映画『Ray/レイ』ではアカデミー賞主演男優賞を受賞し、演技派としても名を馳せる名優ジェイミー・フォックス。
共演には、『(500)日のサマー』では甘いルックスで日本でも人気を獲得し、『G.I.ジョー』『インセプション』『ダークナイトライジング』など数多くのハードな超大作にも出演してきたジョセフ・ゴードン=レヴィット、さらに、ジェームズ・フランコ&マギー・ジレンホール主演の話題のドラマ『DEUCE/ポルノストリートin NY』などに出演する注目の女優ドミニク・フィッシュバックや、映画『300(スリーハンドレッド)』や人気ドラマ『LOST』『ウエストワールド』のロドリゴ・サントロら実力派キャストが集結。

監督は、『パラノーマル・アクティビティ3』『パラノーマル・アクティビティ4』や、ハリウッド実写版ロックマン『MegaMan(原題)』でも監督を務める予定の、ヘンリー・ジュースト&アリエル・シュルマン。脚本は、多くのショートフィルムで脚本経験を積み、ロバート・パティンソン主演で新たに2021年公開予定のバットマン新作『TheBatman(原題)』や『Mega Man(原題)』では脚本家に起用された新鋭マットソン・トムリンが努めています。

最高にアツいチームが世界中を痛快にブッ飛ばすアクション超大作『プロジェクト・パワー』は8月14日より、Netflixにて全世界独占配信。

TAGS