シャーリーズ・セロン、グザヴィエ・ドラン… 世界の映画人が絶賛するラブストーリー

2019年のカンヌ国際映画祭で脚本賞とクィアパルム賞をW受賞し、世界の映画人が絶賛を惜しまないフランス映画『燃ゆる女の肖像(英題:PORTRAIT OF A LADY ON FIRE)』が12月4日(金)より、公開される。

ギャガ公式チャンネル/YouTube

本作は、ハリウッドのトップ女優のひとりであるシャーリーズ・セロンが「この映画を本当に愛している」と絶賛し、アカデミー賞女優ブリー・ラーソンは“後世に残したい作品”に本作を挙げ、天才監督グザヴィエ・ドランを「こんなにも繊細な作品は観たことがない」と夢中にさせるなど、今を煌めく映画人を次々に虜にしている話題作だ。

カンヌでは脚本賞を受賞し、ゴールデン・グローブ賞と英国アカデミー賞の外国語映画賞にノミネートされたほか、世界の映画賞で44もの賞を受賞。ヨーロッパでのヒットに続き、アメリカでも過去公開された外国語映画の歴代トップ20入りを果たす大ヒットとなった。さらに、テイラー・スウィフトの最新アルバム「Folklore」のアートワークが本作の影響を受けているのではないかという推測がSNSでしきりに飛び交うなど、本作に魅せられているのは映画人に留まらない。

「驚くほど美しい、最高傑作!」(TheObserver)
「とにかく素晴らしいこの映画を見逃してはならない」(Pajiba)
「いつまでも 記憶に残る、愛と追憶のストーリー」(IndieWire)
「強烈で生き生きとした油絵のような映画」(Screen International)

そのほかにも各誌で称賛され、アメリカのWEBメディア「IndieWire」の“世界の批評家304人による2019年ベストフィルム”第5位に選出された。またアメリカの映画批評サイト「Rotten Tomatoes」では98%フレッシュ(8月28日時点)をたたき出している。

監督は本作で長編映画5作目ながらにして輝かしい受賞歴を誇るセリーヌ・シアマ。マリアンヌには本作でセザール賞にノミネートされたノエミ・メルラン。エロイーズにはシアマ監督の元パートナーで、セザール賞2度受賞のアデル・エネル。フランスで今最も熱い称賛をまとう女優ふたりが織りなす、そのひとの眼差しを、唇を、微笑みを、そして別れの瞬間の姿を思い出すだけで、息が止まるほど愛おしく切なく、蘇る情熱が命を満たす―。そんな鮮烈な恋の、決して消えることのない燃ゆる炎を描く、一生忘れ得ぬ愛の物語が誕生した。

『燃ゆる女の肖像』は12月4日(金)より、TOHOシネマズシャンテ、Bunkamuraル・シネマほか全国順次公開。

©︎Lilies Films.

TAGS