ポルシェ、往年の名車vs電気自動車 ド派手なカーチェイスを繰り広げる

ポルシェは、電気自動車「Taycan」とポルシェ往年の名車が派手なカーチェイスを繰り広げる新作コマーシャル『The Heist(強盗)』を公開した。2月2日(米国時間)に開催される「第54回NFLスーパーボウル」用に制作されたものだが、ウェブでは2分半の延長バージョンを公開している。

Porsche/YouTube

コマーシャルの舞台はドイツのポルシェミュージアム。356、550、911、917といった歴代のポルシェ車両が約80台展示されている施設だ。だが、ある晩、展示されていたポルシェの最新電気自動車「Taycan」が盗まれてしまう。警報が鳴り、異変に気づいた警備員たちは展示品のポルシェに乗り込み、盗まれた車の後を追う。

ポルシェミュージアムを飛び出した一行はシュトゥットガルトの市街地を抜け、ハイデルベルクやヘッペンハイムの古い街並みを通り、最後はシュヴァルツヴァルトのダムへとたどり着く。「Taycan」をはじめ917K、 Carrera GT、918 Spyder、911 RSR、718 Cayman GT4などが揃って街中を疾走し、華麗なドリフトを披露する様子は圧巻だが、スポーツカーが駆け抜けるドイツの美しい自然と街並みも見所だ。

コマーシャルの公開に合わせ、ポルシェはその後のポルシェミュージアムの様子を描いた動画などもTwitterに投稿している。

文・大熊希美

TAGS