人気ポルノサイト『Pornhub』、ノンアダルト作品を無料配信 レズビアンストリップクラブに集うLGBTQの人々を描く

全世界に向けてアダルトコンテンツの配信を行い、いまや世界中の成人男性の多くが何かとお世話になっていると言っても過言ではないアダルト配信サイト大手『Pornhub』。最近では新型コロナウイルスの感染拡大を受け、“自宅待機”を余儀なくされている各国のユーザーに対して、無料でプレミアムサービスを提供するなど、何かと話題になっている。

各国の有名女優たちがその艶やかな肉体美と表情を披露する“プロのみなさんによる作品”だけではなく、近年では自分とパートナーを主人公とする“自作コンテンツ”をアップロードして、趣味と実益を兼ねての活動を行う一般の人々も少なくないが、そんな巨大なアダルトコンテンツマーケットとして知られるサイトが、本格的なノンアダルト作品を公開した。

『Pornhub』が手がける最初のノンアダルト作品は、アメリカの若き映像作家で、ファッションブランド<Hood By Air>の元CEOとしても知られる新進気鋭のコンセプチュアルアーティスト、レイラ・ワインラウブが手がけた長編ドキュメンタリー『Shakedown』。2000年代初頭のロサンゼルスでレズビアンストリップクラブに集うLGBTQたちの生き様に肉薄するドキュメンタリーで、ホイットニー美術館やMoMAなどでも公開されるという。

この作品を中心とした今回のプロジェクトでは、視聴者が作品を観たり、チャットできる専用ページが用意されており、そのなかでは、ユーザー間のコミュニケーションはもちろんのこと、監督のレイラ自身も視聴者との会話のために毎週出演することになっているというから、『Pornhub』の熱の入れようは相当なものだと思われる。

すでに『Pornhub』での公開がスタートし、今後は『Criterion Channel』での放送や、『iTunesストア』での配信も予定されているが、3月中は無料でストリーミング配信されている。

TAGS