格闘家を倒し、街を支配… 芸能界ケンカ最強は誰?

俳優・小沢仁志が新時代のVシネマ俳優の最強は本宮奏風と明言、数々の逸話を語った。

笑う小沢と怒れる仁志 / 小沢仁志/YouTube

小沢は哀川翔、白竜、竹内力らと並び「Vシネマ四天王」と呼ばれるが、現在は新たに、中野英雄、的場浩司、本宮奏風、山口祥行の4人が「ネオVシネ四天王」として活躍している。

小沢は自身のYouTubeチャンネルで公開された動画で、スタッフに「ネオ四天王の中で一番喧嘩が強い人は?」と問われると「それはやっぱり(本宮)奏風だって。めっちゃ強いんだからあいつ」と言い切る。そして本宮について「撮影中に現役の舟木(誠勝)をタップさせてるんだから」と、日本のプロレスラーで総合格闘家としての経験も持つ舟木との仰天エピソードを挙げた。

また、山口と本宮は渋谷の“ヤンチャ”時代から付き合いだが、小沢によると「歳はヤマ(山口)が(1歳)上なんだけど、街のときの支配力は奏風のほうが上だった」と、山口が「奏風くん」と呼ぶのに対して、本宮が「ヤマ」と呼ぶ関係がいまだに続いているのだと解説。

「若いときなんかは“そんなこと”になりそうなことがあったんだけど」と、一触即発の事態があったことを匂わせながら「まあゴジラ対キング・コングみたいなもん」と、本宮をゴジラ、山口をキング・コングにたとえた。

小沢は「Vシネ四天王とネオ四天王を合わせたなかで腕相撲が強いのは?」という質問に対しても「奏風が一番強いよ」と答えて「あいつ腕相撲負けたことないんじゃない? 強え。俺なんかやったって動かねえもん、あれ」と、まったくかなわないことを明かした。

数々の逸話に、スタッフが「奏風さんかなり強いんですね?」と改めて尋ねると、小沢は「鍛えているから強いというか、元から強い奴っているじゃん? あの力って天性のものだと思うよ」と、DNAに刻み込まれた強さなのではないかと推察していた。

YouTube

TAGS