天才 タイラー・ザ・クリエイターが「コカ・コーラ」CM曲を作るとこうなる

ラッパー、ソングライター、プロデューサー、映像作家など様々な肩書きを持つまさに“クリエイター”なグラミー賞ラッパー、Tyler, The Creator(タイラー・ザ・クリエイター)が、コカ・コーラのCM音楽を手がけた。

Coca-Cola/YouTube

タイラーが音楽を提供したのは、2月22日に公開されたコカ・コーラのCM動画『Open That Coca-Cola』。約2分に及ぶこの動画では、街ゆく若者、会話の弾まない家族、ゲームに興じる女の子、エステ中のカップルなど街のいろんな場所で、老若男女問わず様々な世代の人たちが、コーラを一口飲んだ途端に体が自然と踊り出し笑顔になる様子をポップな映像で映し出しており、そのバックで流れる音楽をタイラーが手掛けている。タイラー自身の声も入ったファンキーな音楽で、まさに“フィールグッド”なインスト。冒頭のフルートもタイラー自身が演奏しているそうだ。

CM動画が公開されるとタイラーはSNSに「コカ・コーラに音楽を提供したよ」「コマーシャルにはこういう音楽が必要だと思う。ありがとう、コカ・コーラ!」とツイートしている。

タイラーはかつて2013年にマウンテン・デューのCMを製作しているが、このときはCMの内容が人種差別的かつ女性への暴力を扱っているとして炎上し謝罪、動画がサイトなどから削除された経験がある。

TAGS