朝倉未来を狙う逸材、破壊王を殺るのは誰か… 「RIZIN.27」裏メインを超える裏のウラ

メイン裏メインも煽らせて頂いたがRIZIN.27はそれだけではない。今年のRIZINの流れを作る源流はより深く濃度が濃い。最後にRIZIN.27裏メインを凌ぐ裏の裏を全体的に紹介しよう。

まずはホベルト・サトシ・ソウザvs徳留一樹だ。

浜松を拠点とする「日系ブラジル最強寝技集団」ボンサイ柔術の創始者の三男でボンサイのプリンスであるサトシはRIZINデビューから歴戦の猛者である北岡や廣田を超一流である寝技ではなく打撃で仕留めるMMAポテンシャルを見せて大いに幻想を抱かせてくれた。
しかし、RIZINライト級グランプリでのジョニー・ケース戦の打撃をもらい嫌倒れ的敗北でやはりサトシは柔術からは抜けきれずMMAのトップ所には敵わないのではないか?とサトシ幻想は一度地に堕ちた。

YouTube

しかし、そこからMMAに対して今一度奮起したサトシは再起に燃える者同士の負けられない戦いだった矢地祐介との一戦をマウントポジションからのパウンドで秒殺というまるでヒクソンの様な勝利で再びサトシ幻想の花を咲かせて見せた。

YouTube

光のスピードで掌返しを繰り返す格闘技ファンもすぐにケース戦の敗北などアンインストールして、ただいまサトシはRIZINライト級グランプリ覇者である”破壊王”ムサエフ討伐の最右翼だ。

YouTube

そこにきての日本ライト級の古豪であり元UFCファイター徳留一樹をサトシの相手に持ってくるあたりRIZINさんは格オタのツボを知ってる!にくいねぇ!わかってるねぇ!
サトシの柔術テクは超一流で純粋な寝技は徳留より完全に上だ、打撃のセンスも威力もある。ただやはりMMAの経験はまだまだ浅い。今までの対日本人戦が上手くいき過ぎていた可能性もある。

徳留は立っても寝てもバランスが良く打撃の一撃を持つトータルファイターで経験も豊富で修羅場も潜っている。世界最高峰UFCも経験済みだ。トータルMMA力はサトシより上だと思う。しかも虎視眈々とRIZINライト級でのブレイクを狙い待望の参戦だ。絶対に準備万端でくる。

この試合のポイントは「サトシが矢地戦の様に徳留を何なく仕留める事ができるのか?」に尽きる。もしサトシのストロングポイントの寝技や右ストレートを凌がれた場合、徳留の総合力でサトシが敗北する可能性もある。サトシ幻想はまた散ってしまう。
そしてサトシが徳留をクリア出来なければムサエフには到底勝てない。超一流の柔術と多少の打撃センスだけでは現代MMAのトップどころには勝てない。この試合はサトシのMMAファイターとしての進化と徳留のMMAファイターとしての意地と矜持が見れる極上のライト級生き残りマッチだ。

勝利した方がロードtoムサエフの先頭を行く。

そしてもう一つのライト級マッチの久米鷹介vs武田光司に望む事はズバリ”内容”だ。

現在、日本ライト級はフェザー、バンタムに比べ慢性的なスター不足に悩まされている。
五味、マッハ、青木、川尻が支えてきたPRIDE時代は日本ライト級は黄金期にあった。その黄金期と比べると言い切ってしまえば今は地味過ぎる。MMAは玄人のものだけでなく今や素人も楽しめるスポーツなのだ。デカい大会を開催し続けるために対世間は絶対だ。

久米は徳留に2度KO勝ちしていて現日本ライト級最強候補ではあるがまだまだ地味だ。武田は見た目はA◯男優の様でまだ若く可能性の塊だが、印象に残る試合はRIZINでは残せていない。

つまりこの2人に望まれてる事は、面白く激しい試合内容であり少しでも世間を振り向かせて話題を作って欲しい。偉そうな意見だがそれがRIZINが盛り上がる一番手っ取り早い手段だ。

「判定ダメだよ!KOじゃなきゃ!」

2人にはライト級のレジェンドの言葉を胸に刻んでもらい激戦を期待したい。

そして、最後にスダリオも大雅も渡部vs田丸も楽しみだが、1番楽しみなのはRIZINフェザー級に”遅れてきた超新星”堀江圭功が参戦する!

正直、クレベル・摩嶋と共に堀江に期待しているRIZINファンは多いのではないか?まだ若く、UFCデビューもした超新星は正直に言えば最近、調子を落としていた。ただ紛れもない逸材なのは間違いない。

「日本格闘技界の賢者」世界のTKの愛弟子で朝倉兄弟とも練習をする堀江は、初参戦のRIZINで心機一転ブチかましてフェザー級グランプリの台風の目になって欲しい。
堀口恭司の活躍で注目される伝統派空手出身で右オーバーハンドは一撃で相手を仕留める威力を持つ。フェザー級グランプリを勝ち上がれば共に練習する朝倉未来との禁断の対決も現実となる。

いやはや…RIZINフェザー級…バンタム並みに面白くなってきましたな!

というわけであとはRIZIN.27を見て今年もRIZINにドップリ浸かり雷撃に撃ち抜かれましょう!

御後が宜しいようで。

文・鬼越トマホーク・坂井良多

sakai
TAGS