KO連発!流血ブン殴り合い、超問題児の復活…2020年最後のK-1は神大会

皆が忘れがちだったK-1両国大会…
正直、めちゃくちゃ面白かったぞ!!!

もう一度、言う。
正直、めちゃくちゃ面白かったぞ!!!

…もう一度言う!
正直、めちゃくちゃ面白かったぞ!!!

YouTube

強面のスキンヘッドが3度言ってしまうくらい最高の倒し、倒されのKO連発のまーふぁか大会だった!!

2020年最後のK-1に相応しい神大会。

2020年を席巻した某有名ドラマの某名ゼリフ

「やられたらやり返す…倍返しだ!」

12月13日のK-1両国大会はまさにそれを体現した物凄い大会だった!

K-1の象徴、武尊の怪我や若き天才・武居由樹のK-1卒業など仕方ない事だが残念に見舞われて正直、あまり試合に注目度がいってなかったのだが、選手というのはこういう時に良い試合をするのだ。

まずMVPは完全に超問題児”山梨が生んだスーパーDQN”芦澤竜誠だろう!

素晴らしすぎる倒し合いで芦澤竜誠史上最高の試合だった!やっぱりあのDQNは持ってる。復帰戦でこれを持って来れるとは…単純にこの試合は見た方がいい。何度見ても面白いし興奮できる。
彼の良い所は”ちゃんと打たれ弱いので優勢でもいつ倒れるかわからない”だ。その魅力が120%出た試合だった。島野浩太朗も芦澤とキャラの対比も含め”ザ・漢”の試合を見せてアッパレだった。
芦澤は体が柔らかくしなやかだから打撃が伸びるし、天性の当て感やリズムがあるから復帰後どんどん強くなる。スタミナと打たれ弱さをカバー出来ればまだまだ化ける。

今後もスーパーDQNから目が離せない。

そして、圧勝すると思っていた”倒し屋”木村ミノルが倒されたのは驚いた… 一瞬、”倒され屋”だった頃の木村ミノルに戻ったのか?と思ったがそんな事はなかった。KOアーティストとしては悔しいカット勝ちだがやはり木村ミノルは強いよ。ダウンしてももう負けるイメージがないもん。すぐダウン奪い返したし。
木村ミノルからダウンを奪ったヒマラヤン・チーターを褒めるべき、勇敢で気合が入っていて将来有望な素晴らしいネパールの若手だ。さすがネパール山岳民族の最強傭兵集団グルカ兵の末裔だ。

木村ミノルには2021年さらにビッグマッチでのビッグKOに期待だ!
噂だと…確かメイウェザーに喧嘩売ってるよね?現在、日本で1番パンチ力があるのは俺だって!
これはMMAファイターがメイウェザーとボクシングするより楽しみですよ!実現したら!
木村ミノルはボクシングマニアな訳だし。木村”フィリップ”ミノルはメイウェザー戦実現すれば名実ともにK-1の顔になるね!期待大だ!

そして林健太は正念場だったんだが残念だった…色々、余計な事は言わない。這い上がって欲しい。ゴンナパーとゲーオを超えれるかがK-1のスーパースターになる為の堅牢な関所なのだ。

次は朝久泰央がゴンナパーに挑戦すると思うが、今大会の試合を見る限り朝久も2021年最注目だ。父である朝久道場の朝久篤館長のもとで空手、そして朝久館長が創った格闘術と朝久家独自の朝久流養我で日々鍛錬する異色の兄弟K-1ファイターで普通のキックボクサーには無い打撃でK-1で衝撃KOを連発している。マヌケで可愛らしいマイクアピールも含めてまだ若いし未来しかない。
ぜひ混沌のライト級戦線を朝久空手で統一して欲しい。空手家らしく最後は無差別でヘビー級まで制すそうだからゴンナパーを完全KOして欲しい!

そして、不可思!遂にやった!不可思らしい超激闘で勝利した!K-1史上最高の第1試合だったかもしれない!
今まではこの展開で星を落としていたのが不可思なんだよ!ここで勝てたのはデカい!一気に不可思の逆襲が始まり王座戦に絡んでくると思う!不可思の試合に外れなし!パンチの打ち合いが不可思の魅力だが今回、よく蹴りが出てたのが勝因でもある。

昔からレジェンドの魔裟斗が口を酸っぱくして言っているが「蹴りを出すからパンチが当たる」それがボクシングではなくK-1なのだと。その言葉を全ファイターは”心”に刻むべき、矢沢心だけに(笑)
和島大海のハイキックも凄かったね!

兎に角、良い試合が多すぎて何から語っていいかわからないからAbemaかK-1のYouTubeで今年最後のK-1を見るべし!格闘技素人が見ても絶対に面白い。

天才・武居由樹のボクシング挑戦を笑顔で送り出せるほど今大会のK-1ファイター達の試合は素晴らしかった!

才賀紀左衛門vs卜部弘嵩以外!(笑)
この試合は試合前から噛み合ってなかった。ただ才賀紀左衛門がK-1を掻き回しているのは事実だから再戦なり階級なりを吟味して才賀紀左衛門をK-1のカンフル剤に使って欲しい。

卜部弘嵩も最近、引退を口にしてるがこんな事で終わっていいのか?卜部兄弟の伝説の兄弟対決から新生K-1にどっぷり浸かったファン多いんだぞ!魂の破壊王が不完全燃焼で終わるな!

兎に角、2020年最後のK-1は語りきれないくらい色んな事がありましたが圧倒的に神大会でした!

“雑音や不安がある時のK-1は面白い”

これ2021年も覚えといて。

選手の怪我や卒業やマッチメイクが上手くいかなくても必ず他の命を賭けた選手が盛り上げるのが格闘技なのだ。

2021年の武尊vsレオナ・ペタスも楽しみだし、天才・武居由樹よ!ボクシングでも世界チャンピオン頼むよ!!
一瞬、パワーオブドリームやK-1と揉めたのかとも思ったけど武尊に最高の激励されてたし「会長同士仲の良い大橋ジムにお世話になります」のマイクで全てが円満なんだと安心したよ…

大橋ジムには日本史上最高のボクサー井上尚弥がいるから動きを盗んで自分の物にするんだぞ!
お母さんの財布から金盗んでたんだから盗むのは得意だろ(笑)

天才K-1ファイター武居由樹のボクシング挑戦に幸あれ!!!

御後が宜しいようで。


文・鬼越トマホーク・坂井良多

sakai

©︎K-1

TAGS