バカセレブの小遣い稼ぎは気にするな 朝倉未来vs斎藤裕の純粋MMAを楽しむべし

世界的カオスのバンタム級の日本の王道であり黄金カードであり最重要試合である堀口恭司vs朝倉海ビヨンドが大晦日に正式に決まり、ボクシング史上最高傑作であり、成金お騒がせ直前叙々苑野郎ことメイウェザーも再び日出ずる国で暗躍し出した。

YouTube

王道と邪道(メイウェザーは日本の格闘技にとっては邪道)の話題で入り混じり、どこか置いてかれてる感のある霜月の狭間のRIZIN.25。

…いやいや、そんな事ねーわ!

日本格闘技の聖日である大晦日に向けて、富士八合目の最重要大会なのは変わらず、狭間ではなく”要”だ。

朝倉未来vsメイウェザーもまだ気が早い!

あのバカセレブが小遣い稼ぎに現日本MMA界の宝をどうこうする前に何も気にせず朝倉未来vs斎藤裕の純粋MMAを楽しむべし!

という訳で直前に迫ったRIZIN.25の魅力を語り大いに煽らせて11月21日まで格オタを焦らしてしんぜよう。

今大会そして大晦日ともにメインスポンサーを務めるヨギボーには感謝。コロナ禍で全ての会社の体力があり得ないくらい削られる中、RIZINにとってのメシアとなった。
外出自粛の中でやはりヨギボーはどう考えても好調だよ!俺も買おうとしたけど一時期売り切れてて買えなかった(笑)

無印と共に人をダメにするソファという名誉なのか不名誉なのかわからない称号を欲しいままにする御社のおかげで激動と混乱の2020年末も格闘技観れそうだ。

新称号は”RIZINをダメにしないソファ”にしよう。

そんなヨギボージョークはさておき、8月のRIZIN.23までは”無印”だった斎藤裕がここに来て秘かに注目されている。
不動心、我関せず、淡々と多くを語らず、挑発にも一切乗らず武骨な求道者の一面を持っているかと思えばいきなりのYouTubeデビューとともに”意外と饒舌で多弁”な一面も見せ独特のキャラで朝倉未来と好対照でありながらよくよく考えると相手に合わせない冷静でマイペースな部分は似てるんじゃないかとも妙に思える。
もしかしたら同郷のレジェンド桜庭和志の様な一筋縄ではいかない人間なのかもしれない。皆、斎藤裕に現在進行形で興味津々だ。

YouTube

対する朝倉未来も今回は静かなる闘志と鋭過ぎる分析力とともにおくびにも出さないが相当な練習を積んできているんであろう、単純に殺気が凄い。

YouTubeなどで柔和な顔も見せるようになったがそれはそれだ。やはり彼は殺気と色気で相手を呑んできた格闘家なのだ。試合に向けてのインタビュー動画で減量の影響もあるのか真摯に冷淡に対応しつつ、ひりつく様なイラつきと魔王の様な殺気が感じられる。

(どうせYouTubeで稼いでんだろ?)

そんな風に思ってるアンチでも今回の朝倉未来の雰囲気を見れば黙ってしまうんじゃないか?リスクしかない中、自信満々で自らの発言で負けられない空気を自ら漂わせている。
とにかく1年以上前のひりつく日本人対決であった矢地祐介戦より遥かに凶々しい殺気で周囲に安易な質問すら許さない…そんな印象だ。

話はまた斎藤裕に戻るが普段から全く殺気のない斎藤裕だが斎藤裕の殺気の使い方は一瞬だ。
“相手を仕留める時” 摩嶋戦でも高谷戦でも見せたが1発打撃が当たり”ここで決める”となった時に怒涛のラッシュを仕掛けて試合を一気に決める。
平均的に能力が高く、スタミナがあり打たれ強い。そしてチャンスと勝負どころを逃さない。好青年で大人しく見えるが実はめちゃくちゃ気持ちが強い。これが斎藤裕のストロングポイントだ。

話はまたまた朝倉未来に戻るが朝倉未来は殺気はあるが冷静だ。基本的にはカウンターファイターだが打撃のキレと殺傷能力は階級随一だ。
その上で戦略実行能力が非常に高くリング・ジェネラルシップを譲る事はない。格闘IQは周りから絶賛されている。元アウトサイダーのイメージに反するが彼は将棋が非常に強いらしい。試合を観れば納得だ。

彼の戦い方は将棋なのだ。敵の駒を全て奪ってから倒す。

まず圧倒的な打撃能力と空間の駆け引きが上手く、腰が強いのでテイクダウンを許さない。許したとしてもすぐ立ち上がる。これを軸に相手を徐々に詰めていき攻め手をなくしてから鋭い打撃で仕留める。そして無理はせずしっかり判定でも勝つ。

YouTube

相手の動きは動画を見て徹底的に研究しインプットする。これが朝倉未来の磐石な戦い方で今の日本のフェザー級の中で崩すのは難しいとされる。

斎藤裕勝利予想が少ないのも、摩嶋の様に寝技特化型ではないので朝倉未来名人のこの戦い方を斎藤裕は崩すことが出来ないのではないか?その懸念からだ。

朝倉未来陣営は今回、明確な差を見せつけての圧勝を予言しており。勝利後に海外の強豪や次の展開をもう見据えている。

不利と予想された斎藤裕も摩嶋戦も不利を予想されてのあの結果だったので全く気にしてない様子。朝倉未来より勝ってる点は「根性」と答え激戦を予言している。

結局は単純だが結果が全て、YouTubeで稼ごうが態度が尊大だろうが地味で盛り上げ下手だろうが変人だろうが頭がよかろうが悪かろうがなんだろうが勝った方が次に行くのが格闘技だ。

「朝倉未来vs斎藤裕」

果たしてどんな展開が待ち受けているのか。

正直、KOでも判定でもいい。これほど結果が楽しみな勝負は久しぶりだ。

朝倉未来が圧倒的に勝つのか?
苦境を苦境と思わない斎藤裕が勝つのか?
結果をうけて大晦日はどうなる?
結果をうけて互いのYouTubeはどうなる?
豊橋の伝説の不良が勝つのか?秋田の田舎の野球少年が勝つのか?

出自は全く異なるが日々格闘に向き合い続け研鑽を重ねた2人による現日本フェザー級最強決定戦だ。

YouTube

結局、RIZIN.25について書こうと思ったがほとんどこの一戦について語ってしまったな。悔いは無い。それほどのカードだ。

他の試合の見所も簡潔に書いておく。

まず扇久保博正vs瀧澤謙太の苦労人vs新星のわかりやすい非情な試合。扇久保にとって負けは許されないし瀧澤もここで星を落とせばまたバンタム級の列の後ろに並び直す事になる。

結局、マッチメイクは非情であれば非情な程、面白い。2人とも連戦を受け入れたのはお互いに上に行く為でリスクは承知だ。この試合はセミに相応しい。面白くなる。
瀧澤謙太は勝ち方によって今後、朝倉海の対戦相手の最右翼に躍り出るのか?扇久保の勝ち方によっては朝倉海がいかにRIZINバンタム級で突出してるのか?良い意味でバンタム級の物差しになる注目の一戦だ。勝った方はもしかしたら大晦日出場もあり得るのではないか。扇久保は好きだが個人的には瀧澤謙太が難敵・扇久保に勝てるのか注目している。

そして、待望のクレベル・コイケがエキシビジョンとはいえRIZIN初参戦。強過ぎて誰も戦いたがらないこの男が今後、RIZINフェザー級にどう絡むのか?朝倉未来との対決はあるのか?
クレベルを知らない人に簡単に10秒チャージで説明するとボンサイ柔術のサトシ・ソウザの同門でありサトシと同じで寝技が鬼の様に強くMMAファイターとしてサトシより完成されていて結果も残している。要注目のファイターだ。

そして滑り込みで決まった白川陸斗vs朴光哲も因縁を引き継いだ両者負けられない殴り合いになるだろう。若い白川が連打でKOするのか朴光哲がベテランの味を見せていなしながらパンチを当てまくるのか、非常に楽しみな緊急マッチメイクだ。

そして前回、フェザー級の厳しさを味わった超新星・萩原京平は音速で再起できるのか?古豪・内村洋次郎とのバチバチの打撃勝負になると思う。

というかもう書いてて我慢出来なくなってきた!

はやく11月21日よ来い!

とにかく格闘技は結果が大事だ!

結果!結果!この世は結果が全て!

…というわけでM-1グランプリ2回戦落ちの鬼越トマホークが結果の大事さについて書かせて頂きました。

御後が宜しいようで。


文・鬼越トマホーク・坂井良多

sakai
TAGS