リング上“全員悪人” キングオブコントの真裏は「現日本最強不良決定戦」

コロナ禍が生んだ偶然の産物であり、ある意味…必然なのかも知れない悪の巌流島、RIZINランドマーク。
10月2日、無観客の中、リングに佇むのは2人の不良。リング上”全員悪人”。コントの日本一を決めるキングオブコント2021の真裏で行われる現日本最強不良決定戦。キングオブアウトサイダー2021と言っても過言じゃ無い。

「朝倉未来vs萩原京平」

YouTube

格闘家としてルーツがほぼ一緒の2人の元地下格闘家が地上で魅せる最高の地下格闘技。朝倉未来がRIZINで成り上がり、萩原京平がRIZINで鮮烈デビューを飾り連戦してた頃からファンはいつか交わる”必然の巡り合わせ”だと心の中で予感していた。

遂に時は来た…
悪の華を咲かせるのはどっちだ?
圧倒的不利と言われる”イキの良い後輩”萩原京平に勝機はあるのか?
圧倒的勝利が義務付けられた”絶対的先輩”朝倉未来はどう戦うのか?
初の試みであるRIZINランドマークの圧倒的メインであり、全オス達を根底から滾らせる秘密の決闘の結末は如何に?

YouTube

全格闘家が朝倉未来の勝利予想動画を出す中、”刺青仙人”朴光哲だけが萩原京平の超大穴的勝利を予想している。分析を軸とした予想というよりは希望的観測に近いが、RIZINでの惨敗もあるのにこんなにとんとん拍子でラスボスに辿り着いた萩原京平の運を高く評価して「格闘技の神が味方している」として萩原京平の勢いに賭けたのだ。

その気持ち…わかる!

萩原京平は何かを秘めているんじゃないかと思わせる底知れないオーラがある。圧倒的な華と度胸と試合になった時の試合強さみたいなイケイケ感と戦闘センスがある。
元々、朝倉未来も若手ホープの時はそういう存在だった。ほぼ誰も勝利を予想しなかった修斗のレジェンドであり、言わば表格闘技の申し子である日沖発にKO勝ちして、そこから一気に成り上がったのだ。

萩原京平からしたら今回、ほぼ誰も勝利を予想しない中での完全下剋上を己の打撃力の一点突破で成し遂げようとしている。戦術的には細かい朝倉未来対策はあるであろうが、やる事はシンプルだ。

「打撃を朝倉未来に当ててKOする。寝技には持ち込ませない。」

これが萩原京平の”する事”だ。朝倉未来 vs 日沖発を朝倉未来に対して再現しようとしている。
萩原京平は良い意味で現代っ子なので試合で緊張する事はなく、ワクワクして試合当日を迎えるらしい。まさに恐怖心が欠如した漫画の主人公の様なマインドであり、こういう選手は試合で実力以上の力を発揮する危険なタイプだ。
一見、萩原はイケイケ不良ファイターだが冷静でクレバーな面も持ち合わせていて、自分に足りない所を知ってる。単純に煽っているだけじゃなく朝倉未来より劣る部分を冷静に分析して対策と作戦を携えてリングに上がってくるだろう。

そして、萩原には2人の心強い師匠がいる。

萩原の打の師匠は所属先スモーカージムの代表である松山誠だ。萩原の格闘家としての育ての親であり、地下格闘技の選手のコーチとナメてかかれないほど、格闘IQが非常に高く、萩原京平のセコンド時にいつもエグい言葉で的確なアドバイスを送っている(笑)
萩原京平の独特な打撃センスは彼の指導の賜物だろう。タフな白川陸斗をカーフから崩してKOしたり、打撃面での指導や戦術は抜群で今回も秘策を用意してるんじゃないか?色々な状況を見越した上でタックルに来た朝倉未来に対してのヒザなどを練習させていたら面白い事になるかもしれない。

そして、もう1人の師匠は萩原の弱点である寝技のスペシャリスト”日本柔術界の至宝”岩崎正寛だ。
寝技が苦手な関西の選手の指導にこれ以上の人物はいない。金太郎や萩原京平など大阪のイケイケ不良ストライカーの弱点の防波堤を一手に担っている。凄まじい勢いでRIZINを駆け上がろうとした萩原京平の最大の汚点である悪夢の芦田崇宏戦から1年でどれだけ寝技が上達しているかが今回の大きなキーポイントだ。

YouTube

いずれにせよ萩原京平の勝負度胸と松山誠の攻めの打の戦術と岩崎正寛の防の組みの戦術の全てが噛み合わなければ下剋上を起こす事はできない。この辺が、萩原京平から見た魔王・朝倉未来攻略の糸口であり最大の勝負所だ。

そして、圧倒的勝利を義務付けられた”日本最強の不良”朝倉未来が絶対に落とせない萩原京平戦をどう戦うのか?も注目が集まっている。正直に言えば、全ての面で朝倉未来が上回ってるという意見が大半だし、筆者も漠然とそう思う。MMAの経験も朝倉未来の方が圧倒的に上で修羅場の数も段違いだ。

YouTube

ただ、やはり奇跡が起こるとしたら萩原京平の打撃だ。だから冷静でリスクマネジメント能力の高いインテリ不良でもある朝倉未来は今回、組みと寝技の展開も予言している。
ラッキーパンチという言葉はあるがラッキーレスリングやラッキーサブミッションという言葉は無い。組みで戦う方が実力差が分かり易く出る事になる。

萩原京平より明確に上回ってると言われる朝倉未来の”組み力”が遂に試合でベールを脱ぐ事になるかもしれない。そして、一番怖いのは朝倉未来はその試合前の発言すらフリにしてゴリゴリで打撃で攻めて1R早々のKOを狙ってくるかもしれない。
裏の裏をかくのが冷静な戦術家・朝倉未来だ。真の狙いは打なのか?組みなのか?いずれにせよ格下である萩原京平に対して横綱相撲を見せると宣言している。

魔王・朝倉未来、唯一の懸念は前回の負けのメンタル的な影響と萩原を眼中に無い調整と言い過ぎて、次の斎藤裕やクレベルを意識し過ぎる事だ。朝倉未来だからではなく、これは格闘技あるあるなのだが、次にあるビッグマッチを意識し過ぎるとまさかが起きやすい…
実力的には朝倉未来だが、メンタル的にやる事がシンプルな挑戦者・萩原京平の方が楽なのは否めない。ここら辺が勝負にどう影響してくるのか?非常に面白い。

兎に角、ゴングと同時に片時も目が離せない緊張感と殺気のある異彩を放つ無観客試合になる。2人に敬意を評して言えば、「日本MMA史上最高の地下格闘技」を10月2日見せてくれるだろう。

「朝倉未来vs萩原京平」

悪の巌流島、生き残るのはどっちだ?

おい、ネイト!マスヴィダル!これが日本版BMF王座決定戦だ!

全国の反社熱狂の不良同士の果たし合い!楽しみ過ぎる!!!

もうすぐだぜ!!!

御後が宜しいようで。

文・鬼越トマホーク・坂井良多

sakai
TAGS