狂気 vs 狂気!一番危険で刺激的な組み合わせ 生き残るのは“王子か、極道か?”

静かなる快進撃を続ける底が知れない日本MMA界の王子様「井上直樹」。
そんな王子様のRIZINバンタム級トーナメント2nd ROUNDの動向は最注目されていた。なぜならトーナメント大本命であり、修羅の国・豊橋、そして高校の先輩でもある数奇な因縁の朝倉海と2回戦で戦う事を本気で望んでいたからだ。

(お代官様、せめて大晦日に好カードを…)なんてRIZINマッチメイカーや格闘技関係者の思いなど露知らず、強さにしか興味が無い無垢なる狂気を見せつける王子はまさにゆとり世代が生んだ怪物だ。
「決勝で?めんどくさくないですか?2回戦でいいですよ」…多分、本気でこう思ってる。井上直樹は嘘をついたり、煽ったりするタイプじゃない。対戦相手にとって1番怖い、神木隆之介君が演じるタイプの殺人鬼と同じ目をしている。

大体、昨今の漫画やアニメで1番強いキャラは井上直樹の様なタイプだ。鬼越トマホークの様な巨漢のハゲや巨漢のアフロは最初に主人公に絡むも瞬殺される雑魚でしかない。
井上直樹は無口で控えめだが、底知れない狂気を纏ったファイターなのだ。じゃないと指示されたとはいえ、あのフリップ芸はできない(笑)

朝倉海もそうだが、井上直樹もこのトーナメントを良い意味で踏み台として考えている。両者ともここでサクッと優勝して、対堀口恭司、そして世界最高峰であるUFC参戦を見据えている。井上直樹にとってはUFC再挑戦だ。だからこそ井上直樹は強豪としか戦うつもりがないのだ。UFCの関係者の目に留まる対戦じゃなきゃ意味がないと思っている。
なんと頼もしいのか!日本MMAの未来は明るい!野球に興味がない人間でも注目してしまう大谷翔平の様な化け物が日本MMA界からも生まれて欲しい!王子・井上直樹の志とポテンシャルは常に世界最高峰に向かっているのだ。

そんな内に狂気を秘めたプリンス・オブ・ジャパニーズMMAのバンタム級トーナメント2回戦の相手は残念ながら朝倉海ではない。

…しかし、もしかしたら最も危険な相手かもしれない。

井上直樹が内に秘める狂気だとしたら、この男は全身から狂気が溢れ出ている…
そう…井上直樹の対戦相手は道を極めてから拳で更生したRIZIN一の健康優良不良男子”リアル花山薫”金太郎だ。

「井上直樹vs金太郎」
いや!RIZINさん!危険だわ!痺れるわ!2回戦最注目カードだわ!!

格闘技マニアからしたらアウトサイダーからのストーリーがある朝倉海vs金太郎が組まれて、井上直樹は対バンタム級四天王路線の扇久保博正が本命だと思ってた。
実は井上直樹vs金太郎は盲点だった!流石、RIZINだよ、尖ってるし捻くれている(笑)そして、よくよく考えたら1番危険で刺激的な組み合わせが井上vs金太郎の様な気もする!
1回戦の井上vs石渡と同じく2回戦も井上直樹は格闘技マニア垂涎の最重要試合を担ったのだ!

「誰でもいい。KOか一本を狙って盛り上げたい」と飄々と宣言した王子様・井上直樹と「しっかりと井上のタマを取る」と極道キャラのど真ん中を独走する金太郎のファンの期待を裏切らない鉄砲玉宣言はまさに好対照であり、2回戦の記者会見の煽り合いの中でも異質であり、期待度は青天井だ。

YouTube

全く別の人生を歩んで来た男2人の禁断の水と油対決。

「無口で優等生な王子 vs 凶悪で劣等生な極道」

格闘技というスポーツが無ければ一切絡み合う事は無かっただろう。格闘技は本当に凄まじいスポーツだ。

色々、しがらみがある令和で世間に寄せる事を諦めてラッシュガードを脱ぎ捨て、刺青をお天道様に晒した金太郎は覚悟が決まって…いや、極まってる。もう更生しているのだからキャラとして極道キャラは貫いて欲しい。その方が浪漫がある。
そして、キャラとは正反対で金太郎は格闘家として良い意味で臆病な所もあり、無鉄砲な鉄砲玉から良く考えて行動するヒットマンに進化を遂げつつある。両者の戦前のイメージとして穴的には金太郎の方が多いとされるが、持ち前の抑え切れない殺傷能力と大阪伝統のMMAジム「パンクラス稲垣組」の戦略と戦術で天才・井上直樹とどう戦い、どう仕留めるプランなのか?

はっきり言えば井上直樹有利だが、金太郎の殺傷能力と気合と戦術が噛み合えば番狂わせは起こり得る。「稲垣組は何か起こす。」これが金太郎が盃を交わした稲垣組の組指針なのだ。

…ただ、底知れぬ天才・井上直樹はまだ全然、底を見せておらず、神速のチョークで簡単に一本を取る可能性もあれば、石渡戦の様に金太郎の狂気の打撃に完璧にカウンターを合わせてKOで秒殺する可能性も大いにある。金太郎に勝るとも劣らない位、井上直樹も狂気染みた強靭なメンタルを誇り、MMAファイターとしての総合力は金太郎を凌駕している。冷静に全部分で上回って完封して完勝する実力も井上直樹には備わっている。冷静な狂気が1番怖い。

豪快に見えて繊細な所もある極道キャラ金太郎。
繊細に見えて豪快な所もある王子キャラ井上直樹。

不良 vs 優等生。
刑務所 vs 図書館。
実話ナックルズ vs 少女漫画。
刺青 vs 色白。

全く似てない様で、根底では実は最も似ているのかもしれない狂気vs狂気のRIZINバンタム級トーナメント最注目試合!

さぁ、生き残るのは王子か?極道か?

「井上直樹vs金太郎」

必見!!!!!

御後が宜しいようで。

文・鬼越トマホーク・坂井良多

sakai
TAGS