朝倉未来は、RIZIN 大晦日は誰と戦うのか?

朝倉未来が鬼越トマホークの喧嘩を止めに来たら

「うるせえなぁ、室内でサングラスする意味あるのかよ!」

まぁ、言ったらボコボコにされそうですけど(笑)

というわけで「誰が朝倉未来とヤルのか?」
令和発のビッグ晦日のホットワードだ。

朝倉未来チャンネルにおいてヤルと言えば佐々木君なのだが、残念ながら今回はファイトの方という事で佐々木君には退場して頂こう。

もはや、ファイターとしてもYouTuberとしても全盛期を迎え、朝倉未来を格闘家ではなくYouTuberだと思って街で声をかける人も少なくない。

本来の格闘家のイメージをぶち壊し、勝った後にチャンネル登録をお願いする新世代の格闘家・朝倉未来。

朝倉未来 Mikuru Asakura/YouTube

互いに大きなリスクを背負った矢地戦以降、格闘家としての価値は急上昇で正直、大晦日に戦うとして見合う相手がいるのか?というのが正直なところ。

本人はいたっては冷静でライト級での戦いには難色を示している。

超炎上型YouTuberシバターの挑発に”冷静”に「世界のトップのレベルでは3〜4kg体重差があるだけでガラッと変わってしまう」とアンサーするように従来の格闘家の「体重なんて関係ねえ!やってやるよ!」的な男気ではなく、あの異様な戦術眼でも分かる様に”冷静”に見極め確実に対戦相手に勝つために体重にもこだわる。

もちろん、格闘技ファンは体重差を考えない”大和魂的男気”も大好きだがこと朝倉未来に関しては結果も残した上でMMAをどこまでも真摯に考え常に”冷静”なその存在そのものが異質で魅力的であり、「そのまま自分を貫いて欲しい」というのがファンの総意だろう。

全ては朝倉未来が”冷静”に判断してその決定にファンは従うのみ!

格闘家の1敗というのは重過ぎるほど重く、もし今、絶好調の朝倉未来ですら負けたらYouTubeの活動にも影響が出てしまうだろう。

その残酷な世界だからこそ朝倉未来はライト級での戦いに勝利しても”冷静”に客観的に判断してライト級グランプリを断っている。「UFCのライト級のトップ所には現時点では勝てる気がしない。そういう気持ちがある中でライト級グランプリには出たくない。だがフェザー級なら世界のトップに通用する。自分の階級でやっていきたい」

格闘家として勇気のある発言だし、RIZIN無敗の男の説得力もありやはり体重に関しては朝倉未来の体質もあるので今後も自分で納得した上で試合をしていって欲しい。

何があっても鬼のように”冷静”なのが朝倉未来 最大の魅力だからだ。

朝倉未来 Mikuru Asakura/YouTube

ただただ、こうなってくるとRIZINフェザー級というのは狭間の階級であり、大晦日に未来が誰とヤルのかは全く読めない。榊原実行委員長は「朝倉兄弟には年末ビッグマッチを用意する」と言い、弟・海は堀口恭司とのタイトルマッチが決定した。

弟のタイトルマッチに話題性で負けない相手となると、もうコナー・マクレガーしかいない気が…

それかベラトールとの対抗戦という大義もあるのでベラトール2階級王者ピットブル弟か?
ただベラトールもフェザー級グランプリの真っ只中で果たして対抗戦に出てくるかというとどうなんだろうか?
いくらノリノリのスコット・コーカーでも怪我するリスクもあるしトーナメントが台無しになるリスクもあるしなぁ…

日本人に今の朝倉未来と釣り合う選手はいるのか?
うーむ、朝倉未来の価値が上がり過ぎて正直、現実的に見合う対戦相手がいない気がする…

UFCの契約を考えなければ引退を示唆してるジョゼ・アルドとか?
現実的じゃないか…
マイケル・チャンドラー、ベンヘンはライト級だしなぁ…

誰かいる?

個人的には石原夜叉坊とのキャラ濃い対決が見たいなー!
お互い煽りまくっての!
どうなんだろう…
やはりこの一年RIZINを盛り上げに盛り上げた朝倉兄弟揃い踏みは令和初の大晦日に絶対観たいよね!

もうこうなったらYouTubeとRIZINの同時生中継で「街の喧嘩自慢にプロ格闘家がスパーリングを申し込んだらやるのかやらないのかinアイルランド」で最近、飲んで問題を起こしまくってるマクレガーを街で発見してスパーリングを申し込むのはどうだろうか(笑)
ワンチャン、ノーギャラでマクレガーvs朝倉未来が見れるかも。

朝倉未来 Mikuru Asakura/YouTube

スパーリングの後は恒例の飲み会に突入して、マクレガーの過去の武勇伝を聞きつつ、朝倉未来が最近何かと悩みの多いマクレガーの人生相談に乗ってやればいい。
案外意気投合してカラオケインスタライブで年越しさせてくれるかもしれない。

マクレガーが見つからなくても、喧嘩文化のアイルランドの喧嘩自慢と朝倉未来がスパーリングしてる所は是非見てみたい!

朝倉未来 Mikuru Asakura/YouTube

何はともあれ、団体間の契約云々もあるが現実的に大晦日のビッグイベントにおいて見合う対戦相手を探す事すら困難になってしまった朝倉未来はアッパレというしかない。

YouTubeに参入する前は強いが怖くて近寄り難いイメージがあったが、今やクールだが可愛らしい所もファンに浸透しYouTuberになったのは大成功だ。

前述した”大和魂的男気”を特攻精神だと日本人は勘違いしがちだが本来、大和魂は知的なアイディアマンと言った意味もあるらしい。
知的なアイディアマンで男気がある…朝倉未来の事ではないか!

というわけで誰が朝倉未来とヤルのか?

RIZINには「そうか…この手があったか!」というウルトラCを期待したい!

それでは、皆さまごきげんよう。

文・鬼越トマホーク・坂井良多

sakai
TAGS