唯一の弱点は日本語がサトシ、クレベルより下手 “RIZINのもう中”こと謎の天才・井上直樹が恐ろしい

もしクレヨンしんちゃんのキャラクターの中で実は誰が強かったら震えるだろうか?

答えは”ボーちゃん”だ。

そして…今、日本中の強者が集まるRIZINに果つる底なき強さを見せつける”ボーちゃん”が突如として現れた。RIZINに現れた最強のボーちゃんの名は「井上直樹」。決して井上尚弥ではない(笑)

井上直樹は無口でイケメンで何を考えてるか全くわからないし、何も考えてないかもしれない恐るべき若者だ。弱冠24歳になったばかりで、井上直樹を漢字二文字で表せば「朴訥」。

彼は19歳で世界最高峰のUFCと契約した逸材中の逸材で姉・魅津希もUFCファイターという世界でも珍しい姉弟格闘家だ。愛知県豊橋市の空手道白心会で幼い時から姉弟で練習を積んできた。
姉弟だが性格は正反対で姉は活発で毒舌なネネちゃんタイプで弟は無口で何を考えてるかわからないボーちゃんタイプだ。姉弟仲は良いのだが毒舌姫と呼ばれる姉・魅津希をして弟である井上直樹の事はよく分からないらしい(笑)
姉によると今は藤井風の様な容姿をしているが昔は板前見習いの様な髪型をしていたとの事で、それ以外の情報は女性関係含め全く謎に包まれているらしく、学生時代も地味で目立たなかったそうだ。

情報を整理すると小・中・高と地味な学生生活を送り、19歳でいきなりUFCと契約したとの事。なんだその凄まじい経歴は(笑)

同じく豊橋が生んだ朝倉兄弟とは真逆の青春時代を過ごしてきたと言っても過言ではない。朝倉兄弟と井上姉弟の出現で豊橋が天才格闘家を生む、日本屈指の強者の里だという事は証明された。

そんな謎の天才青年でRIZINのボーちゃんこと「井上直樹」は何を考えてるかわからないまま、6月13日、RIZIN.28東京ドームでRIZIN漢塾・塾長である石渡伸太郎をわずか1分58秒で完全KOで降し、一躍RIZINバンタム級トーナメントの優勝候補大本命に躍り出た。

YouTube

物凄いスピードのステップワークを見せつけ、前足のカーフや前蹴りで攻め込み、塾長渾身の右フックをもらいグラついて大ピンチを迎えたと思いきや、詰めに来た塾長に凄まじい右のショートをカウンターで合わせて、そのまま連打を浴びせて最後は倒れた塾長をサッカーボールキックで仕留めた。
まさに電光石火であり、それまで判定が続き重苦しかった東京ドームの空気を一変させたのだ。正直、一発もらって冷静なのも恐ろしいがあの右のショートのタイミングはまるで井上”尚弥”の様だった。

(こいつは…ホンモノだ…)

あの勝ち方を見て誰しもがそう思い。次の試合で凶器のパウンドで激勝した朝倉海と共にバンタム級トーナメント二枚看板を疑う者はもう皆無だ。
対日本人無敗を更新して、必殺技の神速チョークだけではなく、ピンチからのリカバリーと打撃の殺傷能力も見せつけて自身に向けられた過大評価説を完全に吹き飛ばした井上直樹。

このボーちゃん…末恐ろしい…

激闘王である石渡伸太郎にあの勝ち方ができるのは尋常じゃないし、これを見越した上で笑顔で抽選会の時に塾長を指名したと言う事はメンタル的にも異常だ。

井上直樹は気が弱そうに見えて滅茶苦茶気が強いのだ。何事にも動じないし、強者との対戦を常に望んでいる。ゆとり世代が生んだ怪物がRIZINに来襲したのだ。

ただ…ファイトスタイル的に弱点が見つからない彼には唯一、大き過ぎる弱点がある。

日本語がサトシやクレベルより下手なのだ(笑)RIZIN最下位といっても過言では無い。

今回、勝利者インタビューで無口で口下手をフリにした”謎のフリップ芸”を披露して東京ドームを震撼させたのだが、あんな鮮烈な勝ち方をしたら普通の事を言っても滅茶苦茶盛り上がる状況なのに軽くスベっていた…というか意味が分からなかった。1Rチョークで勝利した程のフリップだったし(笑)、もちろん、地上波全カットだ(笑)。

恐ろしい若者だ。

井上直樹の徹子の部屋の徹子並みの鬼の無茶ブリに笑顔で対応したRIZINガールにはファイトボーナスをあげて欲しい。

(我々は何を見せられてるんだ?)

お笑い芸人で例えると、そんな気分にさせてくれるのはもう中学生さんだけだ。井上直樹は「RIZINのボーちゃん」であり「RIZINのもう中学生」だ。

やらされているかどうかはさて置いて、完全に格闘技ファンの心を間違った形で鷲掴みにした「変態天才児」井上直樹は2回戦、誰と戦うのだろうか?
おそらく抽選会でニコニコしながら朝倉海の隣に座る気がする(笑)主催者の事など一切考えてない。謎のフリップ芸で東京ドームを震撼させても一切気にしてないのだから(笑)

兎に角、街の不良も恐れるであろう無口で口下手で何を考えてるかわからない強過ぎる謎の青年がRIZINバンタム級トーナメントを台風の目として掻き回している事は確かだ。

という訳で、もう既に怪物なんだがまだまだ伸び代があるRIZINの宝でありミライモンスター「井上直樹」に今後も最注目だ!

UFC初の日本人王者は彼かもしれないよ。

(満面の笑顔)

御後が宜しいようで。

文・鬼越トマホーク・坂井良多

sakai
TAGS