迷惑系YouTuberをフルボッコにしなきゃ意味がなかった メイウェザーらしい最高につまらない金稼ぎ

メイウェザーらしい最高につまらない金稼ぎだった。
史上最高のボクサーvs史上最高の迷惑系YouTuberの戦いはなんとも想像を遥かに下回る大凡戦に終わり、エンターテイメントとして非常に誉めどころの無い試合だった。ボクシンググローブを付けた大人と子供のグラップリングマッチの様だった。全世界が何百億円か払って小さいおっさんとデカいあんちゃんのハグを約30分見守ったのだ。

YouTube

本人がそれをしたいのだから仕方がないし、試合としてスキルを見せつけたなんて声もあるが判定も元々ない特殊な試合なのだから、個人的には8Rかけてメイウェザーが巨漢のローガン・ポールを倒す以外にこの試合に意味や浪漫は無かったのではないか?

メイウェザーのスキルを絶賛して判定もポイントも無いのに採点して擁護とも言える行為をしている変態な方もいらっしゃるが個人的には意味がわからない。最初からそういう趣旨の試合じゃない。現役トップボクサー相手にスキルを見せつけたなら称賛の余地はあるが、今回の相手はボクシングをかじった戦績1戦1敗のYouTuberなのだ。
階級上の巨漢とはいえ計算高いメイウェザーが負けそうな相手に挑戦したのではなく体格差がある上でフルボッコにできると踏んで試合を受けている訳で、その上で思いの外手こずって、想定以上につまらない試合をしてしまったのだ。結果もメイウェザーの判定勝ちなどでは一切ないので採点は無意味な行為だ。

YouTube

ただ完全に前言撤回させて頂くとそういう変態の方の気持ちは痛いほど分かる…

メイウェザーはボクシング界にとって偉大過ぎるんだ。特に戦績は完璧なのだから引退しているとはいえYouTuberと引き分けたなんて小耳にも挟みたくない。格闘技素人や世間がなんて言うか恐怖で仕方がない。積み上げた歴史や情熱を一言で否定されてしまう…それが嫌だし恐い。
デラホーヤ、コット、カネロ、パッキャオ、そしてマクレガーに天心…メイウェザーに負けた彼らの偉大さを考えるとなんか嫌なのだ…別物と考えるべきなんだがなんか嫌なのだ…あぁなんか嫌だ…

ただこの禁断の金儲けは史上最高のボクサーが自ら望んでやっている事だ。残念ながら仕方がない。時代の流れと共にYouTuberという文化が世界中に押し寄せてきて我々はそれを受け入れざるを得ない状況になった。それは仕方がない事だし、一長一短で楽しい部分もある。

ただボクシングや格闘技を長い事、愛して歴史を重んじてきた者達にとってYouTuberの酔狂や金稼ぎの道具として使われ過ぎるのは寂しい部分もある。それはYouTuberであるポール兄弟が真面目にボクシングを練習していて愛していたとしてもの話なのだ。

…俺がオジさんだから考えが古いのかな?

…うーん。

いや、古くない!合ってる!

このエンタメマッチを全て受け入れた上で試合として全然面白く無かったと言ってるだけだ(笑)まぁ昨今の奴の試合を観てスカッとした事なんて一度も無いがね。昔は凄かったが… 正直、腐ってもメイウェザーは偉大だが自らその名誉を切り売りしてるからどうでもいい。

YouTube

今回でメイウェザーに振り回され続けた全世界も懲りた様な気がする。マクレガー、天心の時と違いサンドウィッチマンの伊達さんじゃなくても「もういいぜ」ってメイウェザーに対して思っている。ボクシングを冒涜する金儲けをするならきっちり責任を負えと。

だからメイウェザーはどうでもいいがYouTuberとして史上最高のボクサーと戦い切って、事実として引き分けたローガン・ポール擁するポール兄弟は今後、非常に厄介な存在だ。

格闘技界全体を挑発する最高の免罪符を手に入れてしまった…

YouTube

ポール兄弟は正直、階級下のMMAファイターがボクシングで戦ったら物凄く危ない程スキルが高い。ただ建前上、本職はYouTuberの格闘技素人の程をとれるので同じ階級のバリバリのボクシングの猛者とは戦わない。
結果的にポール兄弟の標的は金に困った引退した偉大なボクサーやUFCで活躍した著名なMMAファイターになっていくはずだ。すでにベン・アスクレンを血祭りに上げた弟のジェイク・ポールと元UFCウェルター級王者タイロン・ウッドリーのボクシングマッチが組まれている。

MMAファイターはボクシングの練習をしているがそれはボクシングで勝つ為の練習じゃない。MMAで勝つ為のボクシングの練習だ。だからボクシングマッチははっきり言えば素人だ。
ただポール兄弟はMMAファイターの本職であるMMAの土俵ではなく中間であるボクシングマッチでの戦いは譲らない。そしてこの兄弟は煽りと挑発のプロ中のプロだ。

YouTube

MMAの王者としての誇りを人質に取られた本職達は格闘家の意地とプライドを賭けて、メイウェザーでも倒せなかった体格上のポール兄弟とボクシングで試合をしなければならず”実は不利”な勝負を突き付けられ続ける…

ポール兄弟からしたら本職はYouTuberなので失うものは一切無く「負けて当然、苦戦させたら勝ち、勝ったら丸儲け」を基本理念に延々とのびのび戦える。兄弟からしたら話題になればもう勝ちなのだ。
格闘家も恥を忍んで名誉を売れば現役時代には手に出来なかった夢の様な大金が手に入る。この悪魔のスパイラルをこの兄弟は創り上げてしまったのだ。メイウェザーと戦ってしまった事でもう格闘技界もポール兄弟を無視出来ない。
嫌な思いをするのは格闘技ファンだけで世間的には盛り上がる。これは格闘技マニアだけを迫害したウィンウィン事業なのかも知れない… だから今後もポール兄弟は”インチキ素人”として有利な条件で有名格闘家を煽りまくり、エンタメ金満ボクシングマッチを世界中で繰り広げていく。

もうパンドラの箱は開いているのだ。

格闘技界がポール兄弟の試合を組んでしまった時点で兄弟の勝ちゲーなのだがまさかここまで荒らされるとは… ウッドリーが負ける可能性も大いにあるぞ…
だからこそメイウェザーが完璧に成敗して(もうポール兄弟の試合いいや)とするべきだったのに!だから体格差云々関係無しに奴を批判しているのだ!史上最高のボクサーがYouTuberのフリになってどうする…

もうUFCの会場で意気揚々と挑発しに来たジェイク・ポールとUFCレジェンドのコーミエの罵り合いなんて観たくねーのよ!他でやってくれよ!世界最高峰のMMAの試合が今から観れるのにさ… UFCを汚すなよ、MMAの試合は絶対受けないんだから。でも事実として免罪符をアスクレンとメイウェザーが与えてしまった。今後も格闘技を笑顔で蹂躙しに来るぞ…

YouTube

…まぁ全てエンタメとして楽しめばいいのだが、格闘技ファンとしてポール兄弟越しに現役のファイターが命を削る純粋なボクシングやUFCが馬鹿にされるのが非常に嫌なんだよ。長い間積み上げた歴史も愛しているから。
でも当事者である格闘家の懐事情もあるだろうし、ファンとはいえ僕らはいつだって無力な部外者なのだ。見守る事しか出来ない。せめてポール兄弟というパンドラが格闘技界を盛り上げる劇薬であります様に!

そう願うのみ!

御後が宜しいようで。

文・鬼越トマホーク・坂井良多

sakai
TAGS