世界一の迷惑系お騒がせ炎上YouTuber ポール兄弟には嫌でも要注目だ

ベン・アスクレン…
かつてMMA無敗で最も面白くない試合をすると言われたBellator王者でありONE王者。超レスリングエリートで数々の団体を渡り歩いた塩帝がその玉座から転落してそのまま地獄を彷徨う事になろうとは…人生とは分からないもんだ。

彼の転落人生はUFC移籍から始まった。他団体時代から舌戦を繰り広げたアスクレンとUFC代表デイナ・ホワイト。WWEのストーン・コールド・スティーブ・オースチンと悪のオーナーであるビンス・マクマホンの様な構図だが2人とも華に欠けるのでMMAファンは大して盛り上がらなかった。少なくともUFC不毛の地である日本ではマクレガーは話題になってもアスクレンの名がトレンドに上がる事は一切無い。
しかし、MMA無敗のパーフェクトレコードというブランドを持つアスクレンはデメトリアス・ジョンソンとエディ・アルバレスの2人の元UFC王者と引き換えにONEからUFCに移籍する事になる。

YouTube

無敗だが試合が面白くないアスクレンとUFCレジェンド2人(正式にはDJ1人)とのトレードは今考えれば不釣り合いで、結果的にUFCに来たベン・アスクレンは1戦目で激闘王ロビー・ローラーに開始早々エグい角度で投げられてパウンドを喰らう絶体絶命のピンチからの不可解なチョークでの一本勝ちで物議を醸す不本意なデビューを飾り、実力を証明するはずだった2戦目で路上の神マスヴィダルに開始5秒で飛び膝蹴りで失神KOされて唯一にして最大のブランドだったMMA無敗を奪われるどころかUFC史上最短KOという歴史的汚名もオプションで付いてきてしまった。
思えばこの一発の”ヒザ”がアスクレンの人生を変えてしまったのかも知れない。

YouTube

後が無い3戦目で得意のグランド対決で”柔術セレブ”デミアン・マイアにチョークで絞め落とされてベン・アスクレンのUFCキャリアは終わりを遂げた。組み技で負けてしまったらもう引退するしかない。だって組み技のみで今まで勝ってきたのだから…

YouTube

正直、無敗というフリがここまでオチるとは…UFCのレベルの高さと残酷さを物語ったアスクレンのUFC人生…そして転落はここで終わらなかった

「世界を掻き乱す世界一の迷惑系YouTuber」

その名は兄ローガン、弟ジェイクのポール兄弟。日本人に分かりやすく例えれば超強化版シバターだ。日本でも大晦日に迷惑系格闘YouTuberであるシバターがRIZINデビューをして元K-1ファイターであるHIROYAに腕十字で一本勝ちして大いに話題になり大会を盛り上げたが、それをスケールアップさせた感じで世界的に格闘技界を挑発してある意味で憎まれつつも話題を独占してるのがこのポール兄弟だ。

ポール兄弟は2人してそれぞれ年収何十億も稼ぐインターネットセレブリティであり過激なトラブルメーカーで裁判沙汰も厭わない世界一の迷惑系YouTuberだ。そして厄介な事に2人とも身体能力が高く体格も立派で褒めたくはないが正直、ボクシングが物凄く強いしセンス抜群だ。

YouTube

まさにシバターの超強化版で注目度が高いのでプロの格闘技界も話題作りになるので試合を組んだはいいが、マジで強いので弟ジェイクは最初はYouTuber相手のボクシングマッチだったが2戦目で元NBAのネイト・ロビンソンにKO勝ちすると満を辞して”本職”である格闘家を挑発し始めたのだ。

YouTube

挑発や迷惑のプロであるポール兄弟は自身のYouTubeを使い、コナー・マクレガーやフロイド・メイウェザーをからかい始め、格闘技ファンをやきもきさせるも”金”にはなるため格闘技界も完全には無視できないという悪魔の構図を作り上げた。

YouTube

正に純粋に格闘技を愛する者にとってポール兄弟は”パンドラの箱”だ。ボクシングスキルはMMAファイターより上かもしれないが建前上は”素人”を名乗れるのでポール兄弟にリスクは無い。一流の選手を挑発すればするほど動画再生数も跳ね上がるのでまさにこの兄弟にしかできない無敵のコンテンツを手に入れてしまった。

この兄弟は階級下のMMAファイターなどプロ格闘家にボクシングマッチを要求する。「プロなんだから生意気なYouTuberを懲らしめてみろよ」と。このやり口が抜群に話題を振りまいてしまうのだ。

プロの格闘家をリングに上げた時点でこの兄弟の勝ちなのだ。後は勝とうが負けようが評価を下げて金を手にするのがプロで自分達の評価は上がり金も手にする。「負けて当然、苦戦させればほぼ勝ち、勝てば値千金」ポール兄弟vsプロ格闘技はどう転んでもポール兄弟の勝ちゲーなのだ。

そしてその”パンドラの箱”を正式に開けてしまったのはUFCで3連敗してMMAを引退したベン・アスクレンであった…
人気YouTuberポール兄弟の弟ジェイク・ポールの挑発と大金の誘惑にのってしまったMMA2団体世界王者ベン・アスクレンは苦手であるはずのボクシングマッチに臨み、無惨にもYouTuberに一流のMMAファイターが1RでKOされてしまうというMMA史上最も不名誉な出来事に名を刻んでしまった…

YouTube

YouTube

弁明の余地もない完璧なKO負けだ。ストップが早い?あの倒され方をした時点で負けだ。ジェイクのパンチはキレがあり正直、美しい右フックだった。ボクサーとしてアスクレンよりも遥かにレベルが高かったと言わざるを得ない。
本格派で勝つ事だけが取り柄だった男が大金と引き換えに茶番を受け入れ、ピエロになって札束を得て誇りを失った。この出来事はMMA界にとってもショッキングでベン・アスクレンの評価は地に堕ちた。代わりにPPVは売れまくり、選手としては一生稼げなかったであろう何十億という大金をアスクレンは手に入れた。

なんだ?この出来事は? 何百年後のことわざか?

勝利したジェイクは”UFC狩り”という勲章を手にしたのでUFCの会場に来てUFCレジェンドのコーミエを挑発したり、コナー・マクレガーを改めて挑発したりと正にやりたい放題だ。

全てアスクレンのせいだ!「YouTuberがMMA世界王者を殴り倒してみた」という動画をポール兄弟に献上してしまったのだ…

兄のローガンはフロイド・メイウェザーとの対戦が決まり、まさに今、迷惑系YouTuberポール兄弟が格闘技界の金の成る木としてマネーゲームを繰り広げ、掻き乱しながら席巻している。

YouTube

…ふぅ。

でも歴史を見れば胡散臭いのも格闘技の魅力だしな。PRIDEも金子賢とか出してたし、UFCもジェームス・トニーとか出してたし…ポール兄弟も必然なのかもな…そう思うしか精神衛生上よくない。

とにかく”組神になり損ねた男”ベン・アスクレンよ!数奇な格闘技人生を見せてくれてありがとう!そしてクソ喰らえ!

迷惑系お騒がせ炎上YouTuberポール兄弟には2021年、嫌でも要注目だ。ファッ◯!

御後が宜しいようで。

文・鬼越トマホーク・坂井良多

sakai
TAGS