78秒殺左ハイキック一閃 朝ドラ主人公級の坊主頭の格闘少女「ナマちゃん」

求道者ナマユナス、報われるの巻。
一切の無駄を排除して格闘技一筋を貫く坊主頭の格闘少女ローズ・ナマユナス。

YouTube

Netflix「ストレンジャー・シングス」のヒロインであるイレブンを彷彿とさせる見た目や、己に厳しく妥協を許さないストイックな姿勢は朝ドラで女子MMAファイターを扱うとしたら主人公はナマユナスかもしれない。
ドラマの題名が「エール」ならぬ「ローズ」になるのか「あまちゃん」ならぬ「ナマちゃん」になるのかは置いといて、UFC261の三大タイトルマッチの中でも秒殺決着は女子ストロー級タイトルマッチのみであり三者三様のタイトルマッチの中でもインパクトは大であった。

綺麗な薔薇にはトゲがあるというが”ローズ”・ナマユナスにも鋭過ぎるトゲはあったのだ。アジア人初のUFC王者である”スーパー中国人”ジャン・ウェイリーをわずか78秒で左ハイキック一閃で秒殺して念願のUFCのベルトを奪還してみせた。

YouTube

試合前からプロスポーツで最も盛り上がるアメリカvs中国の図式もあったのでハイキック直後の観客の歓声は絶叫にも等しい激しいものだったのは言うまでもない。
正直、ナマユナスが勝つとしたら判定、ウェイリーが勝つとしたらKOと予想していた格闘技ファンも多いのでこの結果に驚愕した人も多かったんじゃないか?

豪打を誇り、MMA21連勝中だった絶好調の”スーパー中国人”ウェイリーを浮き沈みが激しかった”苦労人求道者”ナマユナスがKOした事で女子ストロー級は更にカオスになった。RIZINバンタム級に勝るとも劣らないカオスっぷりだ。王座変動が回転寿司の様に目紛しい。

しかし、あの左ハイキックは素晴らしかった。回し蹴りというよりは刺す様なハイキックでまさに薔薇のトゲの様なハイキックだ。モーションも早く、カーフやローと織り交ぜられるので今後、世界のMMA市場で流行るのではなかろうか?ウェイリーも完全に牽制の左ローキックだと思いガードを下げていた。三日月蹴り、カーフキックに続きもう何かしらである技術なのだが、MMAに落とし込めば効果的な必殺技になる。今後あのタイプの左ハイキックは注目だ。

立ち技ではパワフルなウェイリーに分があると思われたが、ナマユナスの針の穴を通す様なテクニックが上回った。ナマユナスのスタンド技術向上の陰には、トレーニングパートナーであり一流のキックボクサーであり婚約者である元K-1ファイターでありUFCファイターのパット・バリーの存在もでかい。恋人と健全に切磋琢磨しあってる感じも実に朝ドラっぽいな(笑)

YouTube

弱冠25歳で絶対王者ヨアンナをKOして栄光を掴んだものの怪力ジェシカ・アンドラージのジェシカ・ドライバーで失神して全てを失ったナマユナスは前回の試合でアンドラージになんとかリベンジを果たしてから今回、ウェイリーを秒殺した事で全てを奪還した。

ここから更なる強敵が待っているがUFC女子ストロー級という”朝ドラの主人公”として大いに報われて欲しい。
アンドラージ戦からずっと漂っていた悲愴感を払拭して復活とともにストロー級最強の少女となったナマユナスに今後、どんな試練が待ち受けているのか?恋人とはしっかり結ばれるのか?NHKならぬUFC連続小説を1話も見逃すなかれ!

YouTube

アジア人初の偉業を成し遂げたジャン・ウェイリーの再起にも期待!誰がなんと言おうとあんたがやった事は物凄い!

今回は薔薇の様に美しく返り咲いた”ローズ”・ナマユナスに乾杯!そして脱帽!

髪型はボーズ・ナマユナス。

…御後が宜しいようで。

PS
ナマユナスはピアノが滅茶苦茶上手いらしい。まさに朝ドラのヒロインやん。

文・鬼越トマホーク・坂井良多

sakai
TAGS