ディカプリオ、タランティーノ監督は「コンピューターのデータベース」

ハリウッドの鬼才クエンティン・タランティーノ監督4年ぶりとなる最新作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』が8月30日、日本公開を迎える。

タランティーノ監督による「ハリウッドへのラブレター」と評される本作の公開を前に、タランティーノ監督と主演のレオナルド・ディカプリオの緊急来日決定した。

ディカプリオは、映画のプロモーションでは自身に念願のオスカーをもたらした「レヴェナント: 蘇えりし者」の2016年3月以来、3年5か月ぶり11度目の来日。タランティーノ監督は、2013年2月の「ジャンゴ 繋がれざる者」以来、6年半ぶりの来日。
そしてこの「ジャンゴ」ではかなわなかった、タランティーノ監督 × レオナルド・ディカプリオの名コンビ揃っての初来日となる。

カンヌでのお披露目からスタートし、作品の舞台にもなっているLA、そしてヨーロッパに渡り、UK、ベルリン、ローマ、モスクワとプロモーションツアーに回ってきたタランティーノが、思い入れの強い作品のツアー最後の地に選んだのが、日本。日本通で知られる監督の「ツアーの最後は日本で締めたい!」というたっての希望で今回の2ショット日本初上陸が決定した。

ディカプリオは、タランティーノ監督について「映画史だけでなく、音楽やテレビを含めこれだけの総合的な知識を持った人物は世界でも数少ないと思う。まるでコンピューターのデータベースにアクセスしてるみたいだ。その知識の泉は計り知れないし、どんどん湧き出てくる」とその豊富な知識量と溢れ出る才能への信頼を語っている。

さらに、「この映画はある意味、自分たちのいるこの業界に対するラブストーリーを描いてるんだと思う。この映画は監督の映画業界に対するラブレターでもあるし、敬愛する人たちへの感謝を表したものなんだと思う。僕にとってもそういった部分が色んな意味で一番感動した。監督にしてみたら原点回帰なのかな。他にどう言っていいのか分からないけど、幸運にも僕らが仕事をさせてもらってるこの業界に対するラブレターなんだと思う」と本作への熱い思いを明かしている。

2人は、26日に都内某所で行われる記者会見やジャパン・プレミアに参加する予定。早くも2020年アカデミー賞ノミネート確実の呼び声も高い本作を引っ提げて、日本の夏をさらに熱くする。

今回の来日を祝して、映画本編から最新映像が公開された。

レオナルド・ディカプリオが演じる落ち目のTV俳優リック・ダルトンが、映画出演を前に台詞の練習をするシーン。プールに浮かびながら演技の練習に勤しむ、“ピークを過ぎたTVスター役”を、現実世界では超ビッグスターであるレオ様が演じる。

SonyPicturesJapan/YouTube

リック・ダルトン(レオナルド・ディカプリオ)は、人気のピークを過ぎたTV俳優。映画スター転身を目指し焦る日々が続いていた。そんなリックを支えるクリフ・ブース(ブラッド・ピット)はスタントマンかつ親友でもある。

目まぐるしく変化するハリウッドで生き抜くことに精神をすり減らしているリックとは対照的に、いつも自分らしさを失わないクリフ。パーフェクトな友情で結ばれた二人だったが、時代は大きな転換期を迎えようとしていた。
そんなある日、リックの隣にロマン・ポランスキー監督と女優シャロン・テート夫妻が越してくる。そして、1969年8月9日―それぞれの人生を巻き込み映画史を塗り替える“事件”は起こるー。

SonyPicturesJapan/YouTube

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』は8月30日より、全国ロードショー

TAGS