天才バッター・落合博満に弱点はあったのか?

高木豊のYouTubeチャンネルで「【村田真一さんが選ぶ凄いバッター3人】凄いバッターの特徴は選球眼!?配球に苦しんだ3選手を紹介!」を公開。村田は日本プロ野球史上唯一となる3度の三冠王を達成した天才打者・落合博満のすごさについて語った。

高木 豊 Takagi Yutaka/YouTube

落合について村田は「選球眼がいいの!ボールを振らない」と言い放つ。村田と言えば巨人の正捕手としてマスクを被り、落合と相まみえているが、高木が「やっぱり嫌だ?」と聞くと「嫌ですよもう~」と嘆き節。リードするのも一苦労だったようで「本当にいやですね。いいバッターだと思う」と振り返った。

高木が「(落合の)弱点と言えば、どちらかと言うとインサイド?」と問いかけると、村田は「でも、インコースは絶対に空振りしませんよ。追い込んでインコースにいったら、見逃したりなんかは絶対にしないで、振られます。凡打にはなる」と解説。

「三振にする場合にはアウトローに攻めるね」と続けると「まさかのアウトコースの早い変化球だと思う。落合さんに唯一チャンスがあるのが」と、対落合の突破口について語った。

インコースに攻めた際に詰まってでも空振りをしないことについて、高木が「『詰まっていい』と思っているんだろうね」と推察すると、村田は「(落合が)僕にそう言ってました。『インコースに意識があったら外に打てないようになる』って」と、それが落合のポリシーだったことを明かしていた。

TAGS