カーディ・Bが強力サポート ノーマニ、SNSで話題の新作『Wild Side』

現在活動休止中のフィフス・ハーモニーのメンバーでもあるノーマニが、カーディ・Bとのコラボシングル『Wild Side』をリリースした。

YouTube

今作は、ノーマニ名義の楽曲としては2019年8月にリリースしたソロ・デビュー曲「Motivation」以来、約2年ぶりの新作となる。
楽曲は、ノーマニ自身とカミラ・カベロの「Havana」や、マルーン5の「Girls Like You」を手掛けたBrittany Howardが制作し、ミュージック・ビデオは、リル・ナズ・Xの「MONTERO」やカーディ・Bの「Up」を手掛けたTanu Muino監督が、そしてブリトニー・スピアーズ、ミッシー・エリオットなどの振り付けを担当したSean Bankheadがコリオグラファーを務めた豪華布陣による強力シングルだ。
また、この楽曲の発表にあたってノーマニは、自身のInstagramの過去投稿を全て削除。今週頭に同曲の音源の一部を突如投稿したところ、世界6か国でTwitterトレンドTOP20入りを果たし解禁前から話題となっていた。

カーディ・Bは自身のInstagramにて、「今作の世界観、素晴らしいものだから、ぜひ楽しんでもらいたい。そして何と言っても、これはノーマニの大きなカムバックよ!みんな、ぜひ彼女のバースデーと思って盛り上がってちょうだい!私は彼女のサポートチームの一員だわ、本当に楽しみ!ビデオも本当に素晴らしいからぜひチェックして」と投稿していた。

ノーマニは過去に、カーディ・Bの楽曲「WAP」のMVにカメオ出演し、今回のカーディ・Bとのコラボレーションは2回目となる。

TAGS