調子にノった。作戦通り “全身凶器”野杁正明、完璧すぎるKOプラン

9月20日に横浜アリーナで開催された「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~よこはまつり~」でおこなわれた「K-1 WORLD GP第2代ウェルター級王座決定トーナメント」の決勝戦で、野杁正明は安保瑠輝也と対戦。3ラウンド目に3度のラウンド奪って勝利し、王座に輝いた。3ラウンド目のKO勝利はすべて“計算通り”だった。

K-1のオフィシャルYouTubeチャンネルで公開された動画では、野杁が自ら試合を振り返っている。

K-1 【official】YouTube channel/YouTube

安保戦のプランとしては初めから「1、2ラウンドは好きなように打たせる」と、あえて序盤に安保に余裕を持たせることに決めていたという野杁。

理由については「余裕がある状態から段々攻められて“あせり”になると、そのあと何もできなくなる」と、心理的に追い込む目的があったと説明。自身は「打たせるタイプ」だとして、安保の攻撃にはなんら危機を感じていなかったという。

1ラウンド目について「作戦通りですね。それで調子にノってくれたんで」と振り返った野杁は、序盤から「これは絶対今回倒せる」と確信。2ラウンド目については「中盤以降からは、段々ボディ嫌がっているのがわかったので、そこから徐々に(ギアを)上げていこうかなという感じでした」と、3ラウンド目に向けての“地ならし”をしていたことを明かした。

二段蹴りや胴回し蹴りも冷静に対処した野杁は、安保が得意とする中間距離を潰すように徐々にプレッシャーをかけるように。クリンチの頻度が増えていく安保について「圧力かけられるのが嫌な証拠」と分析すると「こうなってくると僕は『もってこい』という感じ」と、いよいよフィニッシュに向けての準備が整っていったそう。

ポイントを気にせず、あくまでKOを狙っていた野杁は3ラウンドのラスト10秒で3度目のダウンを奪って勝利。スタッフが「すべてが思い描いていたこと?」と問いかけると「そうですね」と、計算通りの勝利だったと振り返った。

野杁は安保に対して「僕のベルトまでたどり着いてほしい」と語りつつも「10回やっても10回勝てる自信がある」「いつまで経ってもこの差は埋まらない」と明言。絶対王者としてのさらなる高みを目指していた。

TAGS