“戦後75年 すでに戦前かもしれない” 塚本晋也監督『野火』 終戦記念日を中心に全国上映

戦後70年にあたる2015年に初公開した塚本晋也監督の『野火』(2020年夏 渋谷・ユーロスペースほか全国にて)。これまで71年、72年、73年、74年と毎夏上映を重ね、そして戦後75年を迎えた今年も終戦記念日を中心に、渋谷・ユーロスペースほかにて全国上映が行われる。

構想から20年の歳月をかけ完成させ、2014年にヴェネチア映画祭メインコンペティション部門出品、翌年に全国83館で劇場公開され、その後も、製作当初から「『野火』を毎年終戦記念日に上映されるような映画にしたい」という塚本監督の思いに共感した劇場にて、毎年アンコール上映を重ねてきた。

YouTube

初年度からの劇場・自主上映含む総観客数はおよそ9万2000人にのぼる。公開から6年目となる戦後75年の今年も渋谷・ユーロスペースを中心に全国34館の劇場で上映が決定。(7月31日現在)初年度ぶりの上映となる劇場もある。

今夏のアンコール上映に際しては、メイン館である渋谷・ユーロスペースと立川シネマシティ、新文芸座の東京都内の3館で、塚本晋也監督のトークイベントを実施のほか、東京都外の劇場とはオンラインでつないでリモートトークも実施予定だ(一部劇場を除く)。各劇場のリモートトーク実施の有無、日時等詳細は劇場HP、『野火』オフィシャルサイトSNSにて随時発表する。

【塚本監督からのコメント】

戦後70年に公開した「野火」。今年で6年目の上映になりますが、毎年終戦記念日を中心に多くの劇場で上映してくださっています。
今年は戦後75年。他界された大林宣彦監督が言い残されたように、戦後70年のときに感じた世の中への不安はますます大きくなっていくばかりです。
大林監督によると、今はすでに戦前かもしれないのです。ぜひ「野火」を劇場の臨場感で体験していただき、ひとりひとりが戦争という極限の虚無に近づかないよう、これからのことを考えていただけたら、と思います。

本作が公開された2015年について塚本晋也監督は「戦後70年は、実際の戦争に行かれた方々がほとんどいらっしゃらなくなった年。戦争の痛みを知る方々が少なくなるにつれ、戦争に近づいてしまうという恐れを実感する。」と述べた。
そこから時代はさらに進み、今年4月10日には、戦争の恐ろしさを伝え続けた名匠・大林宣彦監督が、最新作『海辺の映画館 キネマの玉手箱』の公開を控えながら逝去。大林監督は死の直前、次の世代を担う4人の監督に遺言とも言える言葉を残していたという。
その一人が塚本晋也だった。大林監督から託された未来を守ること。映画を通し、戦場の恐怖、戦争の痛みを共有することがそれにつながることを願う。

劇場の大きなスクリーン、大きな音響で、塚本監督の『野火』の世界を体感してほしい。そしてこの機会に平和について考えていきたい。

TAGS