心の病は14歳以下から始まる NIVEA MENはスキンケアだけじゃない

日本でも広く使われているスキンケアブランド「NIVEA(ニベア)」が、男性のメンタルヘルスをサポートするキャンペーンを開始した。変化の激しい現代社会において、心の健康状態を保つのをむずかしく感じている男性は少なくない。この状況に問題提起をするべく立ち上がったのが「NIVEA MEN(ニベア メン)」で、メンタルヘルスの状態を率直に打ち明けるよう呼びかけている。

NIVEA MEN UK/YouTube

キャンペーンのディレクションを行ったのはグローバルマーケティングエージェンシー「Digitas UK」。デジタル戦略、ソーシャルメディアコンテンツの作成、コミュニティマネジメントなどを全面的に引き受けた。英国では49歳以下男性の最も多い死因が自殺であり、大きな社会問題となっている。NIVEA MENのホームページには「TALK CLUB(トーククラブ)」というウェブサイトのリンクがあり、男性が抱えている悩みや不満を気軽に話せる環境を提供する。

“Strength in Numbers(数字の地から)”と名づけられたキャンペーンには、リバプールFC U8のメンバーや地元の小学生たちが登場する60秒動画が紹介されている。映像で子供たちはリバプールFCの言わずと知れたサポーターソング「You’ll Never Walk Alone(一人で歩かなくていい)」の歌詞を一行ずつ口ずさみ、「心の病は半数が14歳以下から始まる」という強いメッセージで締めくくる。

Digitasが立ち上げたNIVEA MEN“Strength in Numbers”のウェブサイトには、誰でも答えられるシンプルなドリルがあり「1は落ち込み気味。10は最高の日。正直に今の自分の数値を言って説明してみて。そうすることで悩みが話しやすくなるから」など、ストレートで簡単な質問が並ぶ。悩みを抱える男性が気軽に「TALK CLUB」へアクセスできるようなデザインになっている。

TAGS