“誰も止められない”アデトクンポの超人的な動きをデザイン NIKE『エア ズーム フリーク 2』

NIKEより、超人的な動きのパターンの研究を元にデザインされたヤニス・アデトクンポのシグネチャーモデル『Zoom Freak 2(エア ズーム フリーク 2)』がリリースされる。

2代目のシグネチャーシューズへの進化は、プレイヤーの変化を観察した研究結果だ。ヤニス・アデトクンポの誰にも止められない彼の動きを理解し、それをさらに効果的にするために作られた。

「アデトクンポの動きは、彼の身体的特徴に直に結びついています」とNIKEバスケットボール シニア クリエイティブ ディレクターのロス・クラインは話る。「彼の動きの特徴は、ユーロステップの時にもみられるように、かなり大きなプレッシャーで踏み込んでいるということです。そこでシューズのつま先周りでしっかりと足を支え、彼の推進力を高めることが必要と考えました」

NIKEバスケットボールのシグネチャーシューズの歴史は、選手の特徴的な動きの理解に基づいて作られる。(例えばカイリー 2は、カイリー・アービングがカットする時に鋭角をなすように踏み込む点に着目している)
アデトクンポは、他に例を見ない身体的特徴を持っており、ガードのようなボールコントロール能力を持ちながら、センターのようなフィジカルの強さでレーンに進んでいく。この2つのスキルを持ち合わせることによって、誰にも負けない武器とも言える彼ならではのユーロステップが生まれる。

ヤニス・アデトクンポのユーロステップは、まず大きく踏み出してスペースを作るところから始まる。フルスピードで十分なスペースがあった場合、彼は3回ドリブルするだけでバスケットからバスケットの間を動くことができる。
そして、彼ならではの動きにはまず“ギャザーステップ(ゼロステップ)”(ドリブルの後のツーステップ)がある。どう動くかはディフェンダーの反応によって変わる。ディフェンダーのスタンスがかわらなければ、アデトクンポはまっすぐ前に、ディフェンダーの体の開いている部分をステップで抜けつつ、広い肩で彼らの上体をすり抜けていく。

ディフェンダーがアデトクンポにカットをしかけようとした場合、ユーロステップとなる。方向を変えながら、ボールを体の前で左右に動かしながら2ステップ進み、しばしば相手を後ろに置き去りにして、アデトクンポは軽々とダンクを仕留めるのだ。

NBA/YouTube

『エア ズーム フリーク 2』は、ナイジャカラー(7月24日〜)、ブラック・ホワイト(8月1日〜)、ホワイトセメントカラー(9月1日〜)の4色展開。NIKEアプリおよび一部の専門店にて順次発売予定。

TAGS