故サンディ・ボーデッカーに捧げる NIKE SB新作『サンディ ズームX ブルイン』

NIKE SBより、NIKEの優れたリーダーであったサンディ・ボーデッカーを偲ぶモデルとして新作『Sandy ZoomX Bruin(サンディ ズームX ブルイン)』がリリースされる。

2018年に亡くなったボーデッカーは、約36年間NIKEに在籍しヴァイス・プレジデントを務めた人物。NIKEのスケートボードライン「NIKE SB」をプロデュースしたことでも知られている。ボーデッカーは、スケートボーディングを大切にする姿勢を示すことで、可能性に対する人々の認識を変えることができるというスポーツの力を追い求めてきた。

そんな彼のビジョンと、スケートボーディングの熱気を表現した『Sandy ZoomX Bruin』は、ボーデッカーが熱意を注いだマラソン2時間切りへの挑戦プロジェクト“Breaking2”から生まれた「ネクスト%」のランニングテクノロジーを参考に、アスリートから得た意見と彼の信念によって、想像しうる限りの全ての要素を考えて作られたスケート競技用シューズだ。

アスリートが記録を塗り替える瞬間を目にしたり、不可能を覆すような活躍をする姿を見たいと思う気持ちが、スポーツをさらに盛り上げます。そのような希望が大事なのです。それが競技を面白く、予想外にするのです。
(サンディー・ボーデッカー)

中心部であるドロップ イン タイプのミッドソールは、抜群の弾力性である“ズームX フォーム”がクッション性を、フルレングスの“カーボン ファイバー プレート”が反発性を提供。この大胆な技術が、何十年も愛され続けたクラシックなブルインの中に取り入れられている。また、スケートボーディングとしては初めてのフライニット アッパーを採用している。

NIKE SB『Sandy ZoomX Bruin』は、東京限定でこの夏、発売予定。

TAGS