“天国と地獄を表現” ケヴィン・ブラッドリー × Nike SB 最新スニーカー『Kevin & Hell』

NIKEのスケートボードライン「Nike SB」より、「Supreme」や「Fucking Awesome」のクルーとして活躍するロサンゼルス出身のスケーター Kevin Bradley(ケヴィン・ブラッドリー)との最新コラボスニーカー『Kevin & Hell』がリリース。

過去にもケヴィン・ブラッドリーの手がけたスケートシューズがリリースされているが、“Heaven and Hell(天国と地獄)”をもじった今回の『Kevin & Hell』コレクションでは、SB Blazer LowとMidをベースにしたモデルが登場する。

ベルクロ仕様のローカットモデルは、雲をモチーフにしたスウッシュが特徴。ブルー×ホワイトの配色が天国を思わせる爽やかな一足に仕上がっている。
一方、ハイカットモデルは、レッド×ブラックで地獄を表現。真っ赤なベロア素材のアッパーと漆黒のスウッシュで存在感ある一足に。このモデルは、映画「スター・ウォーズ」シリーズに登場するダース・モールのような配色のスニーカーを履きたいというケヴィンの思いから誕生したという。

“NIKE SB”から“NIKE KB”に切り替えられた遊び心のあるシュータンのロゴも必見。『Kevin & Hell』は、一部のNIKE SB取扱店にて発売中。価格は10,450円(税込)。

TAGS