“DIY”をテーマに手作業で解体 NIKE × READYMADE 初コラボ『Blazer Mid』

NIKEより、デザイナー・細川雄太が手がける「READYMADE(レディメイド)」との初のコラボスニーカー『Blazer Mid』がリリースされる。

小学3年生からバスケをしていて、初めて自分の意思で買ったシューズがNIKEだっただけでなく、ファッションを好きになったきっかけを与えてくれたのもNIKEでした。そのNIKEとのコラボレーションが実現し、NIKEのイノベーションを駆使して理想通りのプロダクトが完成したことを嬉しく思います。(細川雄太)

ヴィンテージのファブリックなどをアップサイクルし、プロダクトに新たな価値を与える「READYMADE」の理念が多く取り込まれた今回のコラボレーション。細川のバスケットボールへの情熱から、コラボモデルのベースには、NIKEから初めて登場したバスケットボールシューズ「Blazer」が選ばれた。

アッパーとのバランスを考慮して何度も試行錯誤されたという特徴的なソールは、ボリュームをもたせるために粘土でサンプルを作成した結果、人の手の温かみが感じられるデザインに仕上がっている。そのソールには、製造過程から出るゴミになるはずだったスクラップ、販売できないものや古くなったスニーカーなどをリサイクルして作られた“Nike Grind(ナイキ グラインド)”素材を15%使用されている。

DIYをテーマにブレーザーをいちから手作業で解体し、ブレーザー本来のDNAを壊さないように再構築しました。子供の頃から好きなバスケットボールというスポーツを象徴するようなクラシックなシューズをどこまで新しく生まれ変わらせられるか挑戦したかったのです。(細川雄太)

そのほかにも、特徴的なシューレース、デザインが考案された1971年当初のものをイメージした細く長いスウッシュロゴなど、「READYMADE」らしいディテールが表現されている。カラーは、ブラックとホワイトの2色展開。

『Blazer Mid』は、2月27日よりSNKRS、NIKELAB MA5、DSM GINZA、READYMADE正規取扱店などで発売される。

TAGS