地球の未来を見据える NIKE『ペガサス ターボ ネクスト ネイチャー』

NIKE(ナイキ)より、新作パフォーマンスシューズ『Pegasus Turbo Next Nature(ペガサス ターボ ネクスト ネイチャー)』がリリースされる。

本モデルは、「Air Zoom Alpha Fly Next Nature(エア ズーム アルファフライ ネクスト ネイチャー)」や、サステナブルなバスケットボールシューズ「Cosmic Unity(コズミック ユニティ)」に続く、地球の未来を見据えたパフォーマンスフットウェアの最新作。

NIKEのランニングにおけるこれまでの学びが活かされ開発された。2018年の初代「Pegasus Turbo」は、それ以前に登場した「Zoom VaporFly 4%」で得られた知見をもとに生まれている。カーボン ファイバー プレートを取り除いて、ZoomX フォームのミッドソールをそのまま使うことで、日々のトレーニングに効果的なシステムが完成した。また、2021年に発売された「Air Zoom Alpha Fly Next Nature」では、競技向けの最高のレベルのレーシングシューズであっても、再生原料から作れることを証明している。再生されたZoomX フォームとフライニットの糸を使ったこのモデルは、新しいNIKEのベンチマークとなった。

新作『Pegasus Turbo Next Nature』では、重量にして50%以上の再生素材を使用し、アッパーに100%再生原料の糸からできたフライニットを採用することで、しっかりとしたフィット感、通気性と軽さを提供する。フライニットの糸は原液染めの手法を取り入れることで、今までの製法よりも1kgの糸あたり70Lの水を節約している。

テスト参加者の、「ランナーは、ソールにたくさんフォームが使われた反発性のある汎用性の高いトレーニングシューズを求めている」という意見を取り入れて、本モデルは55%以上ZoomX フォームを再利用した素材をミッドソールに使用。さらに、スウッシュの刺繍、シューレース、ライニング、中足部のケーブルシステムにも再生素材を用いている。

本モデルは、今年8月に発売予定だ。

TAGS