NIKEが日本のダンスを盛り上げる

NIKE JAPAN(ナイキ ジャパン)が、公益社団法人日本ダンススポーツ連盟「Japan DanceSport Federation(略称:JDSF)」とパートナーシップを締結したことを発表。

NIKEはこの50年、すべてのアスリートにインスピレーションとイノベーションを提供し、“スポーツの力で世界を前に進める”というパーパスを持ってスポーツを進化させ、その中で、新しい世代に向けたスポーツの再定義を提案し続けている。またNIKEは、ダンスの全ての動きをスポーツであると信じており、どのような形や表現であってもダンサーを“アスリート”として捉え、彼らが世界のスポーツに対する従来の認識を変えてきたことにインスピレーションを受けてきた。

本パートナーシップでは、パリで実施する国際大会で新種目として追加される「ブレイキン(ブレイクダンス)」に関するJDSF内のプロジェクトに特化したブレイクダンス本部をサポートし、オフィシャルサプライヤーとして強化選手をはじめとする代表チームのアスリートへ、アパレル、フットウェア、ヘッドウェアを含むアクセサリーなどを提供するという。

JDSFとのパートナーシップを通して、世界の頂点で活躍するアスリートたちを、ナイキプロダクトが誇る機能性とスタイルでサポートできることを嬉しく思います。スポーツとカルチャーを結びつけ、多くの日本のアスリート*をダンスの世界に導き、身体を動かす楽しさを伝えていきたいと考えています。
ーナイキジャパングループ合同会社VP兼ゼネラルマネージャー 小林哲二

NIKEとのパートナーシップを通して、様々なスポーツシーンからカルチャーシーンまで、信瀬性が高く個性を発揮できるプロダクトとご一緒出来ることを楽しみにしています。これからの活動でスポーツやダンス、ブレイキンが持つ価値を共に発信していきたいと思っています。
ー公益社団法人日本ダンススポーツ連盟 ブレイクダンス本部 部長
BBOY KATSU ONE(石川勝之)

私はブレイキンにとってファッションも大切な要素だと思っています。スポーティーからカジュアルなスタイルまで、NIKEのウェアで動きやすく、自分の気分の上がる服を選んで大会に挑むのが楽しみです。
ーAmi(湯浅亜実)選手

NIKEがブレイキンにフォーカスする事で、これまでダンスに馴染みのなかった方々に知っていただけたり、興味を持っていただけたりする機会が確実に増えると思います。それにより、NIKEとブレイキンが生み出す化学反応による、更なるブレイキンの普及が楽しみです。
ーShigekix(半井重幸)選手

TAGS