手動で空気を調整し“厚さ”を変更できる、ナイキの新作ジャケット

実用性と機能性を追求するNIKEの特別プロジェクト「ISPA」より、最新作『Inflate Jacket(インフレート ジャケット)』が発売される。

「ISPA」の「I」は“improvise(即興)”。デザインに即興的なアイデアを求めることを意味する。「ISPA」のコンセプトには「最初に思い浮かんだ答えだけでなく、さらに良い答えがないか模索を続けること」という原則がある。

この度登場する『Inflate Jacket』は、内部の青いブラダーが特徴。手動で空気を入れ込み、厚さを変えられる仕組みとなっている。1日の気温変化が大きく感じられる春に、一枚のガーメントでその気温変化に快適に対応する。

『Inflate Jacket』は、空気の出し入れができる機能に工夫を凝らし、スタイリッシュにデザインされた2006年発売の「エア ヴァンテージ」の技術を活用。当時のアイデアを元に大胆かつ新しいシルエットで生まれ変わった。

『Inflate Jacket』は、3月13日よりNIKE.COM/NIKELAB、NIKELAB MA5、DSM GINZA、その他一部の販売店で発売予定。

TAGS