NIKEがアスリートと協力 世界中の医療スタッフに「Air Zoom Pulse」など大量に寄付

NIKEが、アメリカおよびヨーロッパ中に拠点を持つ非営利団体 「Good360(グッド 360)」と提携して、新型コロナウイルスと最前線で戦う世界中の医療スタッフに140,000点以上のシューズ、衣料品、機器を寄付することを発表した。

NIKEはこれまでも、シューズに使用するパッドなどを再利用したフェイスシールドの開発や、医療従事者にスポーツウェアキットを寄付するなど、新型コロナウイルスから医療現場を守るため、様々な取り組みを行ってきた。

今回の取り組みでは、アスリートと協力し、シカゴ、ロサンゼルス、メンフィス、ニューヨークの医療施設や病院、退役軍人保健局内に30,000ペアの「Air Zoom Pulse」を寄付する。また、追加の2,500ペアはバルセロナ、ベルリン、ロンドン、ミラノ、パリ、ベルギーなどヨーロッパ中の病院に寄付されるという。

なおNIKEは、ニューヨーク市の医療従事者に、巾着袋、ウォーターボトル、帽子、ヘッドバンド、靴下など、1,100のスポーツウェアキットを寄付している。ヨーロッパ全体でも約4,000足の靴と3,500点以上のDri-FITアパレルを、12を超える病院と避難所に寄付した。

TAGS