アッパーにも“エア”搭載 NIKE新作モデル『エア マックス ゼファー』

NIKEより、アッパー部分にも“エア”を搭載した新作スニーカー『Air Max Zephyr(エア マックス ゼファー)』がリリースされる。

元々はミッドソールの内側に隠されていたのが、「エア マックス 1」で姿を現した“エア”。本モデルは、最新の「エア マックス」のシルエットををベースにアッパーを取り囲むように、シューズの両側面とシュータンに合計3つのエアポッドを搭載している。

“エア”がシューズのあらゆるところに存在する未来を描いた本モデルは、NIKE史上最も体積の大きなエアバッグである“720 エア ユニット”を採用しソフトで反発性の良いクッションと快適性を実現した。また、フルレングスのクシュロン製ミッドソールがマックス エア ユニットの快適性をさらに高めている。

『Air Max Zephyr』は、11月12日より「SNKRS」にて発売予定。

TAGS