手を使わず着脱 90年代「Air Max III」が進化して蘇る

NIKEより、新作スニーカー『Air Max 90 FlyEase(エア マックス 90 フライイーズ)』がリリースされる。

2020年、「Air Max 90」の30周年を記念して誕生した『Air Max 90 FlyEase』は、Air Max IIIとして1990年に発売されたヘリテージモデルにフライイーズ テクノロジーを融合させている。

新しい形へ改良していくことになったきっかけは、毎日使うシューズを素早く簡単に履けるようになりたいというシンプルな欲求だった。新モデルは、柔軟にしなるかかとによって簡単に素早く手を使わず着脱できるようになった。

ジェンダーレスなこのシューズの1色目は、棒高跳び用シューズの「Zoom PV III」を参考にしている。クラシックな「Air Max 90」の早さと現代的な印象を生かしつつ、未来を感じさせるフライイーズのシステムを組み合わせている。

フライイーズは、能力や年齢にかかわらず、すべてのアスリートが最高の活躍ができるように、足入れの容易なシステムとして2015年に登場。オリジナルのフライイーズは、足を包むようなジッパーでかかとの後ろが開くようになっているシステムで、簡単に足をスライドしながら出し入れできるようになっていた。この登場以来、フライイーズ技術はバスケットボール、ランニングをはじめとする20を超えるフットウェアに採用され、最近では「Air Zoom UNVRS」や「Air Jordan I FlyEase」も展開されている。

『Air Max 90 FlyEase』は、3月9日より、NIKE.COM、SNKRSおよび一部のNIKE販売店で発売予定。価格は、13,200円(税込)。

TAGS