過去の人気作から着想 NIKE新作スニーカー『ACG エア ズーム アオ』

NIKEのアウトドアライン「NIKE ACG(All Conditions Gear)」より、新作スニーカー『ACG Air Zoom AO(ACG エア ズーム アオ)』が登場する。

本モデルは、「夏のハイキングを極める人にみられる特徴とは何か?」この質問から2020年に新しく登場する水陸両用でどこにでも行けるシューズとして誕生。汎用性、水はけ、グリップ性などを提供するため、NIKEの過去の人気商品にもインスピレーションを受けながら、新しいパフォーマンスソリューションとなる複合的なデザインが生まれた。

フットボール ブーツの「ファントム VNM」にも似たシステムのシューレースが露出しない仕組みは、クリーンなストライクを実現するというよりも、トレイルの障害物に引っかかるのを防ぐ。ソールと水はけの良さは2003年発売の「クキニ」を、水に邪魔されることなく小川を歩くためには「SFB」ジャングル ブーツを参考にしている。

また、粘着性の高いゴムがトラクションを高め、つま先は硬めのラバーで耐久性を高めている。かかとにはズーム エア ユニットを使って反発性のあるクッションを提供。シューレースを引くだけで簡単に締まる工夫や、ブーティ構造も本シューズの水陸両用性をより高めている。なお、名前の“アオ”は、陸や海といった自然の色でもある、日本語の“あお”が名前の由来になっている。

『ACG Air Zoom AO』は、7月9日よりNIKE.COM、NIKEアプリおよび一部のNIKE販売店にて随時販売予定。

TAGS